人気

健康パチンコが面白い!?「パチンコと健康」を考えるVOL.3

カジノを打ち負か東京ゲームショウスロット – 58513

G2E 2019 Asia 5月21-23日 日本6事業者が出展/日本市場注目 アジア競争時代に

第三回目は、実際にパチンコ・パチスロをはじめ、麻雀やカードゲーム等を取り入れ、利用者の支持を集めているデイサービス「Las Vegas」を運営する、日本シニアライフ株式会社へ取材に伺った。 カジノ型デイサービス 「Las Vegas」。 代表取締役社長 森 薫 氏。

いまブロマガで人気の記事

ラスベガスの基礎情報の第6弾はスロットマシンと テーブルゲーム のお話です。ここでは、詳しい遊び方というよりは、スロットマシンや テーブルゲーム とはどういうものか概要をお伝えできればと思います。 ラスベガスの空港に到着すると、空港内のスロットマシンが出迎えてくれ、これぞラスベガスという雰囲気を感じます(実際は帰国客の余ったドルを根こそぎ回収するためにほかなりませんが)。各ホテルのカジノにも、例外なくおびただしい数のスロットマシンが置かれていることは、 前にも書きました 。カジノ側の収入のうち、スロットマシンからの収入は増える傾向にあるようです。それは、一度設置してしまえば、 テーブルゲーム と違って、ディーラーを置く必要がなく、人件費を節約することが出来るからです。カジノ側にとって、スロットマシンは自働集金機の役割を果たしているものなのです(正確に言うと、スロットマシンの売り上げの全てがカジノの収益になるわけではありません。後述のメガバックス等は各ホテルのカジノが運営しているものではなく、独立した別の会社が運営しているもので、ホテルはただ場所を貸しているだけです)。 最低賭け金額(ミニマムベット)は台によって異なり、1セントのものから、5ドルくらいのものまであります(もちろん、ハイリミットエリアにはもっとスゴいのもありますが…)。大当りが期待出来るのは、1回あたりの最大金額を賭けるいわゆるMAXベットした場合だけであり、1枚賭けただけではが揃っても、たいした配当は得られません。スロットマシンの配当率は、概ねパーセント前後に設定されているそうですが、この配当率は、MAXベットすることを前提としているのです。従って、1枚賭けするのは、わざわざ自分から極めて不利な配当率を設定するようなものなので、 スロットマシンには、必ずMAXベットするようにすべき です。 いかなる テーブルゲーム でも、10ドルが1分後に100万ドルになることは絶対に期待できず、劇的逆転勝利を狙うにはこの種のスロットマシンが最も適していると言うことが出来ます。ただし、そのような事態が自分の身に起こるなどということは夢々期待しないことが賢明であり、帰りのタクシー代まで賭けて一発逆転を狙うより、素直に負けを認めることも大事です。

等身大ローローラーの寝言集

G2E Asiaは、アメリカ・ゲーミング協会、リード・エグジビションズの共催であり、年で13回目となる。 展示スペースには、主に、ゲーム開発、IR技術・ビジネス・ソリューション、ロッタリー、部材・部品、ファイナンス技術、建築設計デザインなどベンダー、サービス業者が出展。また、多様なセミナーもプログラムされ、最新のトレンドや技術のショーケースとなる。 世界から、ゲーミング産業のオペレーター、サービス事業者、サプライヤー事業者などが来場する。 Angel Playing Cards Macau Ltd。 メイン・コンファレンスは、 <キーノート> ・デイジー・ホー氏(SJM Holdings チェアーマン) <アジア市場 — チャンスと脅威> ・アジア・エマージング市場とファイナンシャル・アウトルック ・日本ゲーミング業界展望、日本が与える諸外国への影響 <マカオ市場 — 将来展望> ・中国の観光市場展望 ・IRソリューション ・マカオ政府の観光開発戦略 — マリア・フェルナンデス氏(マカオ政府観光局) ・マカオのゲーミングコンセッション(カジノ営業権)の再入札の行方 ・IRのコンテンツデザイン、次世代ゲーミング、マーケティング <ゲーミングのイノベーション、テクノロジー> ・スポーツベッティング、アジア展望 ・セキュリティ、サイバーセキュリティ ・ビッグデータ、マシンラーニング <レスポンシブルゲーミング、マネーロンダリング対策> ・レスポンシブルゲーミングのベストプラクティス ・マネーロンダリング対策のベストプラクティス。 背景には、4月19日に、崔世安(Fernando Chui Sai On)・マカオ特別行政区行政長官が、議会にて、再入札が現行コンセッション満期(年6月26日)前に実施されること、すなわち現行営業権の延長オプションを行使しない方針を明らかにしたことがある。 直近年度1Q(月)の市場構成比は、VIP部門49%、マス部門51%。1Q(月)には、VIP部門(VIP Baccarat)がYoY13。 港珠澳大橋は、香港、香港国際空港から珠海市、マカオへの移動を大きく改善する。港珠澳大橋は、香港-マカオ間の移動を30~45分(橋の走行時間)に短縮する見込み。 現在、香港からマカオへの移動は、実際上、海路(高速フェリー:海上の移動時間は1時間強)に限定される。

観光振興等対策特別委員会

長崎県議会 〒 長崎県長崎市尾上町 県庁代表 直通 (総務課) (議事課) (政務調査課)。 閉会中の委員会活動 観光振興等対策特別委員会 現地調査 委員会名 観光振興等対策特別委員会 目的 観光振興対策 日時 平成30年8月20日(月)~23日(木)(4日間) 調査先 マカオ、香港 出席委員 委員長 山田 朋子、 副委員長 ごう まなみ、 委員 田中 愛国、 委員 小林 克敏 委員 髙比良 元、 委員 麻生 隆、 委員 髙橋 勝幸 概要 1。 カウンセリング用ホットラインは、市民にカウンセリングサービスの提供を行う。 NGO(民間人や民間団体のつくる機構・組織)と協力して24時間対応可能。 アフターフォローが出来ないことが課題。 毎月2000人(インターネット相談含む)が利用している。 個人的な財務管理と賭博中毒の防止に関する教育活動を行う。   子どものころから正しい金銭感覚を身につけることを目的として、学校に出向いてイベントを行う。 LIN &Partners Distributors Limited。 県内観光地は他県と比較すると、海と一体となっているところが多い。 Wi-Fiの環境整備を進めてほしい。 写真撮影スポットがあってほしい。撮影した写真をSNSなどで情報を発信拡散することが望ましい。 テーマパークがあることは大きなメリットがある。 熊本県など周遊型観光が可能であるが、短い滞在期間で、長崎県内の観光地を移動することは難しい。 平和公園は外国人には魅力的である。一方で多言語対応がされていない。 絶景が少ない。 お笑い芸人を活用した広報を試みてはどうか。 ロケ地の活用がうまくいっていない。 テーマに沿ったルート作成が進んでいない。 観光客に対して、県民のおもてなし意識をもっと向上させたほうが良い。 鯨を食する文化は珍しく、食べても美味しい。 佐世保市に入港するクルーズ船客は、滞在時間が短いために佐世保の景勝地などに行くことができない。 長崎、佐世保の観光地がネット上で、上位に上がってこない。地元でもっと情報発掘をして、紙媒体をはじめ、ネット上の動画、写真で情報を発信したほうがよい。 外国人観光客へのガイドブックはもっと簡単で単純のほうがいいと思う。 日本の歴史を好む外国人は多くいるので、紹介の仕方を工夫すると喜ばれる。

コメント