人気

THE [email protected] アイドルマスター 同人誌一覧

発生タイミングチキマニアカジノ – 64700

『東京交通新聞』『日経トレンディ』『みんなのニュース』『週刊SPA!』

アメリ カを代表する企業がこの運動に賛意を表明する一方で、 トランプ大統領 が問題の本質を見ずに武力鎮圧を呼びかけたことで火に油を注ぎ、前国防長官に批判されたり、一部で発生した放火や略奪の犯人はアンティファだとか、いや騒ぎに便乗した 無政府主義者 だとかいろんな話が飛び交っている。 日々いろんなニュースを目にしている中で、個人的にすごく気になったのが、「 ブーガルー 」という存在のこと。 気になっていろいろ調べてみたところ、年頃から言われだしたネット上の ミーム らしい。 4chan っていう、日本の 2ちゃんねる にインスパイアされた アメリ カの 掲示 板とか Facebook の極右グループとかで使われだしたんだと。

発生タイミングチキマニアカジノ – 65730

[メディア掲載情報] カテゴリの記事

最近、メディア露出のご報告だけになってしまっていて恐縮ですが、備忘録的な意味もこめて前回以降の露出について。まず、予告だけさせていただいた12月1日(木)放送のフジテレビ『みんなのニュース』、関東ローカルの枠ではありましたがCMを挟んで16分という長い尺をいただき、豪華貸切バス車両を使ったバスツアーについてご紹介いただきました。茨城交通「葵」、東急トランセ「東急トランセ・プレミアム」の車両紹介と、神姫観光バスの「YUI PRIMA(ゆい プリマ)」。成定のコメントもご紹介いただきました。「YUI PRIMA」は、神姫バスグループの旅行会社、神姫バスツアーズが本年新しく立ち上げた本物志向の旅行ブランド「真結(ゆい)」の専用車両で、内外装はもちろん小物(車内のスリッパとか、車両常備用の傘まで)に至るまで水戸岡先生デザインです。ツアーの内容も、これまでのバスツアーでは考えられないようなこだわりが満載。番組では兵庫県内発の京都紅葉ツアーに同乗してもらい、その様子をレポート。高速バスや貸切バスの豪華車両を紹介する企画の第三弾だったのですが、今回も数字(視聴率)がかなり好調だった様子で、次回の企画にも期待するところです。一方、12月13日(火)発売の『週刊SPA! 相変わらず更新をさぼり気味なので、まずは前回の更新以降のメディア露出から。まず7月27日発売の『バスマガジン』78号。いつもの連載では、貸切バス型管理の受委託制度について解説したが、それとは別に「バスドライバーへの道」のコーナーでも大きくご紹介いただいた。監修を担当しているバス乗務員専門の求人サイト『バスドライバーnavi(どらなび)』主催による就職イベント「どらなびEXPO」で担当した講演の内容を、写真入りで取り上げていただいたもの。なお、次回の「EXPO」は、10月に名古屋、東京、大阪の3都市開催。また、7月には、バス乗務員を目指す皆さん向けの阪神バス、神姫バスの営業所見学ツアーも実施済みで、こちらの様子は9月末発売の『バスマガジン』に掲載の予定。次に、世間がお盆休みに入った8月11日の TBSラジオ『荻上チキ・session』のテーマが「高速道路はワンダーランド!? jp」など自社サイトの多言語ページに誘導すれば余計な送客手数料は不要になる(にもかかわらず、「Japan Bus Online」がそのような動線を準備していないのは残念だが)。さらに、公式サイトを見てもらえれば、予約制の高速バスのみならず、非予約制の空港連絡バスや路線バスなどの情報提供することができるのだ。繰り返すが、私は決して、全国の高速バスを一元的に予約できるサイトが不要だと言っているのではない。日本をテーマにした外国語ガイドブックの後ろの方の「日本国内での移動」解説ページで「このサイトを見れば高速バスが一目瞭然」と紹介されることは重要だ。さすがに日本全国を扱うガイドブックで、個別の事業者のサイトを片っ端から表記するわけにいかないからだ。ウェブ上で広告を積極的に展開しやすいのも、この種の予約サイトだ。つまり、利用客の行動に合わせ、「定置網を仕掛けて待つ」(自社サイト)と、「積極的に投網を打つ」(総合予約サイト)の両方の動線を用意する必要があるのだ。もちろん、定置網の位置や仕掛けは、他でもない事業者自身が試行錯誤し最適解を見つけ出す必要があるし、投網に不当なコストをかけすぎることのないよう、在庫と運賃で彼らのパワーを制御する必要がある。「インバウンド」「FIT」といったキーワードで思考を停止してはならない。特別なことを書いているつもりはない。外国人客にも日本人客にも、その心理や行動と真摯に向かい合い、その希望に添う答えを出し続けなければ、私たちの前に広がる大きなチャンスを現実のものとして手に入れることができないのだという、ただそれだけの話である。 監修を担当しているバス乗務員求人サイト『バスドライバーnavi(どらなび)』による第二回「バス営業所見学ツアー」(7月11日開催)の様子は、先月末発売の『バスマガジンvol.72』でご紹介いただい他、どらなびサイト上に当日のレポートがアップされているのでご確認いただきたい。私が「クライマックス」としたシーン(「ORION BUS」の車両がトランセ弦巻営業所に入線する瞬間)の写真もばっちり掲載。なお本当に偶然なのだが、当日使われたO。 前回、事前のご案内をしましたが、27日(土)からBS JAPANで放送された『NIKKEIプラス1をみてみよう』で、WILLERの「コクーン」「ニュープレミアム」、海部観光の「マイ・フローラ」などと合わせて私のインタビューをご紹介いただきました。詳しくは番組公式サイトをご覧ください。豪華高速バスの話はそろそろ賞味期限かなあと思いつつ、こういった採りあげられ方がまだ続いています。それはつまり、番組や記事を作る側(ディレクターさんや記者さん)が、何かの拍子に「豪華な高速バスがあるらしい」と聞いて(だいたい他の番組や記事を見てそう気づくのですが)、「へえ、そうなのか。まだ視聴者や読者は知らないから採りあげよう」と考えているわけで、ご本人が豪華高速バスのことを知らなかったことを意味します。すなわち、もちろんこういう番組で採りあげていただくことは嬉しいことなのではあるのですが、残念ながら、私も含めて高速バスについてまだまだ訴求が足りないことの証拠でもあります。話は変わって、同じ27日(土)に発売された『バスマガジン 第67号』で始まった新コーナー「バスマガ社会経済学」の取材協力をさせていただきました。栄えある同コーナー最初のテーマは、「路線バス会社を新しく作るにはいくらかかるか?」。最初お話しをいただいた時には驚きましたが、噛みしめれば噛みしめるほど、なかなかおもしろいテーマです。同誌としては意外にも(?)力が入った特集ページが出来上がっていますのでぜひお読みください。ちなみに「コーナー」と言う以上、次号にも続きます(たぶん)。さて、明日は「一般社団法人 経営研究所」の「ビジネスモデル研究会」で講演です。ビジネススクール(経営学大学院)などバス業界以外のビジネスパーソンの皆様の前で講演をする機会もおかげさまで増えてきましたが、明日は質疑応答まで含めて3時間みっちりと手ごわそうです。がんばります。合わせて、このブログも本来の使い方に早く戻すようにそちらもがんばります! 本日もメディア露出のご報告を。まず、8月1日付の『旬刊旅行新聞』で「運転手不足に対応、バスに特化した求人支援(どらなび)」として、バス運転手専門の求人情報サイト「バスドライバーnavi(どらなび)」開設について写真入りで報じていただきました。次に、8月2日付の『日本経済新聞』朝刊「高速バスで運賃競争再燃 稼ぎ時8月で5%安 制度改正から1年」記事のご取材にご協力させていただき、記事中でもコメントをご紹介いただきました。とはいっても、私のコメントが掲載されたのは電子版のみで、本紙ではちょうど私のコメントだけカットされるという微妙な感じでしたが。なお、この記事では、高速バス(特に「移行組」)の運賃競争について需要の伸び悩みが原因とされていますが、私自身の認識としては高速バス(この場合は、首都圏~京阪神を中心とした大都市間夜行路線)の需要はむしろ伸長しており、それにもかかわらず目先の乗車率にこだわるあまりお互いの体力を奪い合うだけの「浪費的競争」をしかけている一部の事業者の戦略ミス(または、「無戦略」)が要因だと考えており、ご取材に際してもその旨をご説明しております。まあ、新聞記事でそこまで書ききれないのは仕方ありません。そして本日、8月9日付の『朝日新聞』朝刊「ゆったり、高速バスの旅 規制強化、知恵絞る各社」記事にもいろいろお手伝いさせていただき、中国バス(ドリームスリーパー)、海部観光(マイ・フローラ)、WILLER EXPRESS(コクーン)、ロイヤルバス(バスストップカフェ)などの情報と合わせて、私のコメントもご紹介いただきました。こちらは生活面、お盆の週末掲載の記事とあって前向きな内容です。スペースも大きく、そのなかで多くの情報を効率的にご紹介いただきました。ご担当の記者さんたちはもちろん、ご取材やデータ収集にご協力をお願いした多くのバス事業者、関係者の皆さんにもお礼を申し上げます。

コメント