人気

全自動取引: システムトレード/シストレFX

ストラテジー為替レート – 61739

実践!FXトレードストラテジー

今晩はFOMCです。世界的な長期金利上昇について、やや危険視する声もありますが、それは新興国や先進国でも財政悪化が目立つ国々に限ってです。 米国の長期金利は0。 昨日、ユーロ中心に欧州通貨が上昇しました。 理由は、今週のECB理事会にて、コロナパンデミックによる債権緊急購入プログラム(通称:PEPP)の増額が大きく予想されたことです。 従来の購入額億ユーロからさらに億ユーロの増額ではないか、といった…。 先週後半から香港情勢が再び悪化を始めてきております。香港の「国家安全法」は中国にて開催中の全人代にて制定される見込みで、一国二制度から相変わらず政治的乖離をしております。 今週中にこれらは制定される見通しで、米国からの反発は必至です。週明け…。 先日、ドイツ・フランスが賛成の元、ユーロ共同債発行が2カ国間で合意されました。 これからEU加盟国で協議し、27カ国の承認を得て実現します。その額億ユーロです。イタリアやスペインからすれば、この上なく歓迎材料です。 反対した国は、比較的財政…。

初心者におすすめシステムトレード!

そうして為替市場がストラテジーに設定されている売買条件を満たすと 自動的に取引を行ってくれるので、ユーザーは見守っているだけで取引は完結します。 更に為替市場でも数か月や数年も運用されているものも多く、 実際に利益を上げているストラテジーも数多くあります。 (実運用の成績は管理画面などで事前に確認することができます)。

全自動取引(システムトレード)と裁量(通常)取引の特徴

レポートが身近になれば為替がもっと面白くなる。 「為替ドリル」で為替相場の知識を楽しく学びましょう! 1問目「米債利回りが低下するとドルはどうなる?」 2問目「NZ中銀の追加緩和+マイナス金利示唆でNZドルはどうなる?」 3問目「コロナワクチン開発進…。 いつものように世界の日別感染者数の割合から見ていきましょう! 先週も言及しましたが、1日の感染者数に対して、回復者が上回る日がそろそろ来るかも?と言及しましたが、直近1週間では実現しませんでした。 しかしながら、昨日の統計のまとめでは、感染者…。 今週も新型コロナ情報からご紹介していきます。 先日、1日あたりの感染者数のピークをつけたのち、急激に下落しました。 それに対して、回復者が大幅な伸びを記録し、1日あたりの感染者数に徐々に追い付く形となってきております。 死亡者は減少傾向にあり、…。 新型コロナウィルスも増える一方でしたが、ここ数日、感染者数の鈍化が見られ始めております。 世界各国の厳しい隔離措置が功を成し始めているようです。 日曜から鈍化傾向が顕著でして、昨日から本日にかけての感染者数の伸び率は1。 水星逆行期間が2日前から始まりました。これから3週間ほど、大きなレンジ相場への傾向が強くなる星柄です。 順張りトレードが最もワークしにくい期間ですから、注意しましょう。 先日のコラムより、ユーロ売りを推奨しておりましたが、個人的には昨日手仕舞…。 NYダウ先物指数が間も無く3万ドルに到達しようとしております。 非常に堅調で、日経平均も円に届かないものの、少し景気良い話が出れば、あっという間に上抜けしていきそうな勢いです。 ドル円も下がらないのはこれが理由でしょう。 リスクオフ材料は所…。

コメント