人気

【カンボジア】プノンペンでカジノ!初心者にもわかる遊び方と人気のカジノホテルを紹介

日本人に人気カンボジアカジノ – 62058

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。 今回は 「日本から気軽にいけるアジアのおすすめカジノ」 についてご紹介していきたいと思います! カジノと言えば、 ラスベガスやヨーロッパとイメージする人も多い かと思いますが、 実は日本から近いアジアにも魅力的なカジノが数多くあります。 特にオススメなのが 「マカオ」「韓国」「シンガポール」「フィリピン」「カンボジア」 の5つで、カジノ初心者でも行けるカジノが数多くあるので是非チェックしてください! マカオのカジノは 年にラスベガスのカジノの売上を抜き、世界一のカジノ大国として有名 です。カジノゲームで特に 人気なのがバカラとシックボー で、2つのカジノゲームはマカオが発祥とされています。 カジノの年齢制限は21歳以上 で、成人しているからといって遊べるわけではありません。カジノに入るときは 必ず年齢確認のためにパスポートを持参 するようにしましょう。 スタジオ・シティ・マカオは年にオープンし、総工費約億円もかかって作られたリゾート施設です。 施設の外装は映画の世界ををイメージして作られたため、とてもゴージャス です。

バナー・ベラジョンカジノ

こういった今後栄えていくだろうという街「バベット」の中でも、大きな宿泊施設で日本人が利用しやすいカジノホテルが、今回紹介する「タイタンキングカジノホテル(TitanKing Casino & Hotel)」になります。 カジノは基本的には、アメリカドルが利用通貨になるが、こんな街なので割と何でもありで、ベトナム人はベトナム通貨のドンを、キャッシャーで両替する事なく、そのままベットしていたりします。 更に、入場時のパスポートチェックも無し。荷物の持ち込みもOK。カジノ内部には子供が歩いていたりします。 ブラックジャック・バカラ・ルーレット・ポーカーといったテーブルゲームに加えて、カンボジアならではのゲーム「ドラゴンタイガー」というゲームも用意されています。また電子ゲームでは、スロット・パチンコ・パチスロがあります。 ミニマムベットはバカラやブラックジャックが10ドルからで、VIPルームで遊んでも40ドルからと非常に低い設定がされています。 出典: タイタンキングはカンボジアのカジノ! | 稼げる?!カジノは狙い目? ワールドカジノナビ シティカジノ カンボジアの国境の国バベットにある日本人向けのカジノ「タイタンキングカジノホテル」。

プノンペンのカジノの基本情報

プノンペンのカジノについて気になる方も多いのではないでしょうか。プノンペンには「ナガワールド(Naga World)」という有名で大規模なカジノがあります。年初旬、前年における「ナガワールド」のVIP顧客による賭け金総額がカンボジアのGDPを超えたというニュースが在住者の間で駆け巡り、衝撃を与えました。 服装について気になる方もいるかもしれません。「ドレスコードがあるの? 」「カジュアルな格好で行ったら浮く? 」という不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。心配は無用です。「ナガワールド」では服装に関する規則は特になく、半袖短パンの人、サンダルの人、スーツの人、ドレスコードの人、はたまたパジャマのような格好の人など、様々です。ご自身のいつもの服装で行って問題ありません。 ホーム 生活情報 夜遊び プノンペンのカジノ「ナガワールド」を解説! ホテル内の施設まで。 あなたにおすすめの記事 もっと見る。 プノンペンのヨガスタジオ「エンソ ヒーリング スペース(Enso Healing Space)」でヨガ体験! 更新 美容健康。 プノンペンで印刷をするにはどうすればいい? 印刷屋や印刷事情を紹介 更新 生活基本。

コメント