人気

ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16

カードスプレッドソフィテルマカオアットポンテカジノ – 10489

ソフィテルマカオ アット ポンテ16のご紹介

ポンテ16の「ポンテ」はポルトガル語で「橋」を意味します。 名前にポルトガル語を冠している通り、ポルトガルとはゆかりが深いホテルです。 マカオが年以上ポルトガルの植民地だったことは有名ですが、ポンテ16があるウォーターフロント地区は植民地時代の市街地でした。 今では旧市街地と呼ばれ、数々の世界遺産が林立しています。 フェリー乗り場を降りるとすぐ上記画像のようなバスターミナルが並んでいるゾーンがあります。上記のようなポンテ16行きのバスが出ているので乗り込みましょう。 バス停には各カジノホテル行きのバスが大量にあるので、間違えないようにしましょう。 名前にある「ソフィテル」はフランスのホテル会社である 「アコーホテルズ」 の最高級ブランドです。 ソフィテルブランドは世界中で棟も建てられているのですが、日本にはまだ上陸していません。 年4月時点。 さて、気になるお値段のほうはというと、 一泊当たり22,円 となっており、スーペリアから10,円ほど上乗せした金額です。 2人で泊まるのであれば結構安いですね。 ラウンジを使えば差分の元は十分とれるのではないかと思います。 一泊当たりのお値段は27,円ほど と、ジュニアより円ほど高くなっています。 私のような平民からすると、ジュニアで十分じゃないかと思ってしまいますね。内装を見て好みで選びましょう。 マカオは沖縄よりも南側の暖かい地域ということもあり、 毎年4月後半~10月中ごろまではプールで泳げる陽気 です。それ以外の時期は閉まっているので、写真のような映えスポットを楽しみたい場合には 5~10月に訪れるようにしましょう。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

ログイン | マイナビ(予約確認) マイナビ。 ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16 Sofitel Macau At Ponte 16 澳門十六浦索菲特。 印刷する項目を選択してください。 全て スポット詳細 基本情報 アルバム 地図。 こんにちは、香港ナビです。雨後のたけのこのごとく、どんどんオープンするマカオのホテル。今回ご紹介するのは、ポルトガル人が最初にマカオに降り立った場所と言われ、今でも古き良きマカオの街並みを色濃く残す下町に誕生した「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」です。「ポンテ16」はポルトガル語で「ピア16(16埠頭)」という意味。歴史あるこのエリアでは現在、古い街並みを生かしつつ、埠頭を中心にホテル、カジノ、エンターテイメント複合施設などを建設し、再開発を行う計画が進められています。ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16もこの計画の一環としてオープンしました。ソフィテルといえばフランスのホテル会社、アコーホテルズの最高級ブランド。ハード面だけではなく、ソフト面(サービス)においても、カジノを主体とした他の5つ星ホテルとは一線を画し、お客様が心からくつろげる本物のホスピタリティサービスを目指しています。それでは、ホテルに行ってみましょう! ホテルの外観はポルトガル様式の建物を現代風にアレンジ。年以上経た古い住宅が立ち並ぶこのエリアではひときわ目立つ存在です。金色をふんだんに使う中国スタイルの装飾と、大理石やガラス細工を使ったヨーロッパの現代風のデザインが上手く調和したホテルロビーは、波打ちながら長く伸びるレセプションを中心に、贅沢なスペースが取られています。ロビー内の照明器具、家具、絵画などすべて、派手過ぎず、シンプル過ぎず、ほどよく高級感があってとても上品なものばかり。ラスベガスや中国とは違う、フランスからやってきたホテルの誇りが垣間見られるロビーです。

コメント