パラダイス

【2020年版】スマホ決済大手7社比較!今から導入する決済方法は?

評判のいい入金条件つき – 23424

カード決済端末系のスマホ決済大手4社の比較表

STORESターミナル の1つ目の特徴は、スピーディーかつ柔軟な決済処理が可能なことです。 決済操作が非常に簡単なので、誰でもスピーディーにレジ対応することができます。更に クレジットカード決済では「2回払い・リボ払い」に対応 しているため、顧客満足度も高まります。 QRコード決済(WeChat Pay)。 またSTORESターミナルでは オンライン決済が可能 です。ユーザーは、決済用のウェブページを作成してURLを送信するだけで完了。レシートはURLが送信されたメールアドレス宛に送信されます。支払い時間や場所を問わず決済ができるので、お客様にとっても非常に便利な機能です。 国際的なセキュリティ基準であるPCI DSSに準拠し、通信時の情報は高い強度を持つ標準暗号化方式「トリプルDES」と暗号鍵方式「DUKPT」を使用して 強固なセキュリティを実現 しています。 これからの時代のニーズへの対応と、リスク回避のための万全なセキュリティ対策、どちらもしっかり行われており、導入する企業側だけでなく、各々の抱える お客様の満足度にも大きく貢献 できるでしょう。

Squareを導入するなら今がおすすめ!

Square用の小さなカードリーダーを用意してアプリをダウンロードするだけで、 スマホやタブレットをPOSレジとして使える ようになります。クレジットカード決済にも対応。かかる費用は、カードリーダー代とカード決済手数料のみ。 最短当日導入できる手軽さ も魅力です。 Square(スクエア) は「モバイル決済サービス」の一つで、 専用カードリーダーをスマホやタブレットに接続するだけでカード決済ができる サービスです。 Square を導入しようか悩んでいる方に最初にお伝えしたいのが、 「モバイル決済導入は消費税増税後の今がチャンス!」 ということです。 それを今このタイミングで導入することで、 決済端末費用0円、決済手数料も2。 このオリジナルギフトカードは、オンラインで作成・販売することが可能であり、 顧客が将来店舗に来た際に使えるクーポン券やお得な優待券を作成できます。 eギフトカードの作成は 何度でも無料 で、かかる費用は顧客がeギフトカードを購入する際に発生する決済手数料のみとなります。

STORESターミナルの特徴4つ

しかも「 楽天銀行 」と「楽天証券」の口座を連動させると言っても、特に投資などをする必要はなく、ただ単にそれぞれの口座を開設して連動するように設定すればいいだけ。投資に興味がない人でも簡単に普通預金金利を「0。 また「 楽天銀行 」を利用すると、 楽天スーパーポイントが貯まりやすくなる のもメリット。たとえば「 楽天カード 」の引き落とし口座を「楽天銀行」に設定するだけで、「 楽天市場 」のSPU(スーパーポイントアッププログラム)で獲得ポイントが+1倍になる。ちなみに、前述の「楽天証券」の口座を開設して、月1回円以上のポイント投資をすれば、SPUで獲得ポイントがさらに+1倍になるので、楽天ユーザーなら「 楽天銀行 」+「 楽天カード 」+「楽天証券」をフル活用するのがおすすめだ。

コメント