パラダイス

バリ島やジャカルタにカジノはあるの?【インドネシア】

結果発表インドネシアカジノ – 19919

▼ IRの候補地は? カジノとの違いは? - 日本におけるIRの重要性と目指すべきビジョン

ネバダ州は、4月30日に回復ロードマップ「NEVADA UNITED ROADMAP TO RECOVERY」を発表。まず、4月30日現在の状況(自宅待機令、非生活必需事業場の営業停止)をフェーズ・ゼロとし、回復を1から4のフェーズに分けた。そして、早ければ、5月中旬にフェーズ1に入るとした。 ラスベガス市場回復はよりスローに: ・米国証券市場関係者のコンセンサスは、ラスベガスのカジノ市場回復は、~年を通じてスローであり、年水準の復帰は年。 ・ネバダ州では、過去20年間に2回の大きな市場崩壊があった。年9月11日同時多発テロ後の旅行規制、年リーマンショック後の景気後退。回復期間は、前者は1年ほど、後者は数年。 ・今回のネガティブインパクトは、それらをはるかに上回る。インパクトが大きい背景は、サービス提供者と顧客にパンデミック感染リスクと行動抑制が継続、そこに、景気後退が相乗効果となること。 ・ネバダ州のカジノ市場は、暦年計は億ドル,YoY1%増。年3月は6。 事業者間で従業員への対応が分かれる。人件費は最大の経費: ・ネバダ州のカジノ産業では、3月18日以降、経営陣、ごく一部のサービス継続部門を除けば、従業員はすべて自宅待機の状態にある。 ・事業者の自宅待機の従業員への対応は、(1)給与支払い継続、(2)雇用契約を継続しつつ給与支払停止、(3)解雇レイオフ、がある。 ・事業者毎に、対応は異なる。日本IR参入意欲を持つ3者では、 — Las Vegas Sands, Wynn Resortsは(1)を継続する方針 — MGM Resorts Internationalは、4月に米国内のほとんどの従業員に(2)を適用したうえで、今後、大型の3)解雇レイオフを実施する可能性に言及。

▼ アナタの海外ビジネスを成功させるために

バリ島やジャカルタなど人気のリゾート地を持つインドネシア。これらの人気のリゾート地でカジノをプレイすることは可能なのでしょうか。今回は、 インドネシアのカジノ事情 についてご紹介します。 カジノなどのギャンブル合法化される国は増えつつあります。現在カジノが合法化されている国はなんとカ国以上あります。しかし、 インドネシアは依然とギャンブルが固く禁止 されています。これはイスラーム法やイスラム教の戒律で賭博行為が禁止されている為です。 その為、インドネシアには 残念ながらカジノも存在しません。 国民がオンラインカジノをプレイするのも禁止です。

リサリサ|リサーチ・リサーチ

このセクションではIRをめぐる日本の歴史と現在の状況について述べていきます。 日本におけるカジノ誘致は、石原慎太郎氏が東京都知事を務めていた時代からスタートしています。 年4月に都知事に就任した石原氏は、東京都の財政再建という課題に対して「お台場カジノ構想」を掲げました。その経済波及効果は最大2,億円と試算されており、全国の自治体にも注目されました。 しかし年6月、石原都知事(当時)は、お台場でのカジノ実験計画の中止を発表。事実上の「カジノ構想の断念」をアナウンスしました。その計画中止の背景には、ギャンブル市場の実質的な既得権益を保持していたパチンコ業界の猛反発があったとされています。 その後、約10年に渡って日本におけるカジノ構想は目立った動きがありませんでした。 しかし、その一方で、年8月にシンガポールの3代目首相リー・シェンロンはIR導入を宣言。翌年4月にはマリーナベイ地区とセントーサ地区の2カ所にIR施設を設置する計画案を発表。やがて年には国内に2つのIR施設をオープンさせました。 再び日本に目を向けてみると、年4月、民主党の古賀一成衆議院議員を会長とする超党派のIR議連(国際観光産業振興推進議員連盟)」が発足します。 そして年12月には先述の「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」が公布・施行されたのです。 それでは年現在の日本のIRをめぐる状況はどうなっているのでしょうか? 結論から言えば、IRをめぐって日本の地方自治体間での誘致合戦が過熱しています。 言うまでもなく、多くの地方経済にとって、観光分野は今後さらなる成長が見込める貴重な地域産業です。自らの地域にIRを誘致することは、MICEを筆頭とする海外からのビジネス客の取り込みを始め、それにともなう小売業や飲食業やサービス業といった、地方経済の発展に直結しているからです。 現在、日本国内では2〜3カ所のIR設置が予定されているようですが、関東と関西に1カ所ずつというのが有望視されています。 関西だと、大阪市が年開催の大阪万博会場の跡地となる人口島「夢洲(ゆめしま)」が最有力の候補地に挙げられており、和歌山市がそれに続いています。 関東では、横浜市の林市長による突然のIR誘致表明が話題となっていましたが、東京都と千葉市も誘致に手を挙げています。 これらの誘致合戦は、年の東京でのオリンピック・パラリンピック開催後に大きく動き出すという見方が有望ですが、いずれにせよ予断を許さない状況であるようです。

コメント