パラダイス

【2020年最新】オンラインカジノは違法なのか、合法なのか、真相に迫る。

オンラインの安全性阪カジノ – 58938

IRにおけるゲーミングライセンス制度 第33回「オンラインカジノの合法性の検討」

フォーブスは、年までにサイバー犯罪が世界経済に6兆米ドル 約兆円 もの損害を与えると予想している。これは、一年間に発生する全ての自然災害による損害を超える額で、違法薬物の国際取引をはるかに上回る額だ。 サイバーセキュリティは後知恵であってはならない。日々の実務の不可欠な要素であるべきだ。ゲーミング・ラボラトリーズ・インターナショナル GLI は、アジア太平洋市場に世界レベルの包括的なサイバーセキュリティポートフォリオおよびBulletproofを通じたマネージドITサービスを提供する。Bulletproofとは、GLIが持つ他社にはない50年以上の世界でのゲーミングおよび宝くじ経験に支えられており、アジア太平洋地域の研究所はアデレード、メルボルン、シドニー、マカオそして東京の5か所に展開しているGLIカンパニーである。 Bulletproofの専門家チームは、ゲーミング・宝くじ業界用に最適化された、24時間年中無休の監視、脅威評価そしてインシデント対応などの幅広いマネージドITおよびサイバーセキュリティサービスを提供する。このチームは、ゲーミング業務の効率、セキュリテ ィそしてコンプライアンスを最大化にすることを専門にしている。 アジアであろうと、世界の他の地域であろうと、ITインフラ、顧客データそして評判に対するサイバー犯罪者からの脅威は本物だ。GLIとBulletoproofに、各顧客の独自ニーズに合わせた長期的かつ世界レベルのカスタマイズされたサイバーセキュリティとマネ ージドITソリューションを提供させてもらいたい。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。

日本人の為のオンラインカジノ【JOC】

インターネット等を通じて行われるカジノをオンラインカジノ(online casino)と言います。英国領マン島、フィリピン、マルタのように、オンラインカジノを合法化している国・地域もあります。わが国では刑法条の賭博罪、条2項の賭博開帳罪に違反するのではないかとの議論があります。 最近、プロ野球の元投手である韓国人がマカオで多額の賭けをして「海外遠征賭博」により、韓国当局により逮捕されたことが話題になりましたが、これは、韓国の関連刑法において、「属人主義」を採用しているからであると思われます 。 このようなオンラインカジノについて「違法ではない」と主張する者も、完全に「合法である」とは主張しておらず、以下のとおり、「グレーゾーン」でありプレーをしても(常習 )賭博罪に該当しないので、「安心してプレーをしてください」「インターネット賭博カフェと自宅でのネット賭博は違うので安全」などと説明しているのです。 現在、ランドベースのカジノを含む統合的なリゾート(Integrated Resort(IR))を推進する『特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案』(IR推進法案)が国会(衆法)に提出されていますが、同法案が成立した上で提出されるIR実施法案においては、賭博罪との関係での合法性の問題、賭博依存症対策の問題、マネー・ローンダリング対策の問題、反社会的勢力の排除の問題等の対応をすることが求められています。 最高裁判所の判決である最判昭和24年1月11日(最高裁判所裁判集刑事7号11頁) は、以下のとおり、賭博開帳罪と常習賭博罪を別個独立の犯罪であり、賭博の共犯者中に賭博開帳罪に該当するものがなく、同罪によって処罰されたものがなかったとしても常習賭博罪は成立するものと判示しています。

『裏操作されて絶対勝てないのでは?』

オンラインカジノを初めてプレイしようとする時、一番不安なのは『 安全性 』についてでしょう。『 裏操作されて絶対勝てないのでは? 』『 賭博罪に当たるのでは? 』『 胡散臭い 』『 海外の会社だから日本語が通じない 』・・・そんなイメージを持っている人も少なくないはず。 しかし、 オンラインカジノはその全く逆、と言っていいくらい、安全性には他の業界よりもずっと配慮している業界 なのです。この記事では、オンラインカジノがなぜ安全にプレイ出来るかを説明していきます。不安になっていると幸運も去ってしまいますので、これを読んでスッキリ楽しくカジノゲームをプレイしましょう! オンラインカジノを日本の企業が運営する事は法律上できませんので、サイトが日本語で表示されていても、運営しているのは海外企業です。マルタ、フィリピン、イギリスなど、 オンラインギャンブル が法的に整備されている国で合法的に運営 している企業が殆どです。 オンラインカジノ運営の政府ライセンスを取得するのは簡単ではありません。 事業の性質上、審査や監視も厳しい です。十分な資金を有しているか、プレイヤーから入金された資金をきちんと保管しているか、マネーロンダリングや犯罪に使われないようユーザの本人確認をしっかりとしているか、公平な結果が出るようなシステムを導入しているか、ギャンブル依存症対策をしているか、個人情報の取扱い、など、それは多岐に渡る審査を経てライセンスを取得しています。このような監視の元、健全な事業としてオンラインカジノ業界は成長しているのです。裏操作などしていてはすぐにライセンスを剥奪されてしまうでしょう。 政府ライセンスを取得しているオンラインカジノの安全性はかなり高い と言えます。 国によって規則も違うのですが、年現在ではマルタ政府が発行するライセンスを取得しているオンラインカジノが多くなっています。また、イギリス、フランス、スペイン、イタリア、ポルトガル等も独自のオンラインギャンブル運営ライセンスを発行しています。イギリスでは大手オンラインカジノのやウィリアムヒルは 株式上場 もしています。『胡散臭い』という心配もしなくて良いでしょう。 日本に居住する人の一番の懸念点はこれではないでしょうか。オンラインカジノは違法であるという意見と、違法ではないという意見が分かれる グレーゾーン であると言えます。日本には賭博行為は違法であるという法律があります。賭博をするには、帳場を設ける胴元と賭けるプレイヤーがいて始めて成立するものですが、賭博罪の主たる対象である胴元のオンラインカジノが国外で合法的に運営されているため、日本の法律で裁くわけにはいきません。

コメント