パラダイス

スイスカジノの遊び方や服装等の特徴やホテルも徹底解説

日本語対応可能スイスのカジノ – 7090

スイスにおけるギャンブル

レスポンシブル・ゲーミング戦略 Grand Casino Luzern ルツェルン 年1月25日 日本語訳 平沼由紀子 用語/名称について(訳:)とあるのは意味を訳したもので、正式な用語/名称ではない。 カジノを訪れる人々は、社会を守るためのカジノの責任と配慮を感じ、経験することになる。 来店回数や掛け金の多少に関わらず、親切な顧客サービスを受ける。ある人が、ゲーミングに関して行動のコントロールを失う危険にあるような場合、スタッフは隠密に支援する。 ある来場者のゲーミング行動が良くない傾向を示し始めた時、早い段階でその兆候を見つけ、各々に課せられた役割に応じた行動をすることが、スタッフには求められている。 ゲーミング依存症の兆候を発見したスタッフは、上司へ報告書を提出する。 報告書の対象となっている来場者について、依存症の兆候が継続的な監視によって裏付けられた場合は、上司がその顧客に接触し、ゲーミングがもたらすリスクについて注意を換気する。 更に、依存症予防やゲーミング禁止措置などついて相談が可能であること、カジノ外の相談窓口があることを知らせる。 ゲーミング依存症に陥るリスクの兆候を正確に抽出するため、コンピュータ制御の監視システムREGATOが備えられており、それらを明確に捉えるカジノ管理体制が敷かれている。 抽出された兆候はチェックリストにまとめられ、スタッフの手に渡る。 Social councilの理念と目的は、スイスが定めたsocial conceptの水準を守り、それを確実に実施することである。グランド・カジノ・ルツェルンのスタッフが最低3名がメンバーとして活動している。

5 コンセプト実施にあたっての原則と手続き

スイスのlottery市場は現在、自治体をまたいで全国展開する 2社、Intercantonal Landeslotterie(Swisslos)とLoterie Romandeが独占している。 年中にlotteriesおよびbettingに費やされた、約億スイスフランのうち、小額のlotteriesに費やされたのはわずか1億万フラン、残りはビッグといわれるような高額商品に費やされた。 一方、betting(スポーツの試合結果と競馬に対する賭け)は全体の約20分の1に過ぎなかった。 ここ数年の傾向として、Loterie Romande社のLoto ExpressやTactiloなど、最新技術を導入したlotteries販売機が着実にシェアを伸ばしている。 しかしながら年夏、SFGB(スイス連邦ゲーミング委員会)は業者に対し、Tactiloと同型のマシンについて、現在計画済みの台を上限 として、これ以上の導入を差し止めた。 この種のマシンは実際のところゲーミングマシンであり、Casinos Actが監督するものとみなされたからである。 解禁以来、カジノ市場は特筆すべき変遷を経てきている。年1月には既に、国内で計画されていた22のカジノのうち、21件(Aカジノ7件、Bカジノ14件)が開業。 年、財政的理由により、2カ所のBカジノ ArosaおよびZermatt が営業を停止。 年10月現在、19カ所が営業している。 その内訳: grand casino(Aカジノ)7カ所 Baden, Basel, Berne, Lugano, Lucerne, Montruex, St。 一方、同じ時期に、ゲーミングマシンからの収入は着実に増加し、年には1億万フランを計上。総収入は年まで増加し続け、Casinos Act成立に伴い認可を受けたカジノが開業して丸1年経過した年には顕著な増加を記録した。 収入合計の5億万フラン そのうち1億万または28%がテーブルゲーム、4億万または72%がゲーミングマシンからの収入 は、前年のほぼ倍で、換算すると1人頭 スイスの人口で割る の収入は76フランとなる。 カジノ外のゲーミングマシンおよび温泉保養地内のマシンは、1ゲームあたりの掛け金の上限は5フランまで、と共通していたが、年11月1日以降、温泉保養地のものについては、上限は25フランに変更された。 grand casino Aカジノ)内のゲーミングマシンについては、このような上限は設けられていない。

コメント