パラダイス

ブラックジャックのベーシックストラテジーチャート解説

ベーシックストラテジアルゼンチンのカジノ – 58871

ブラックジャックの遊び方(ルール)

カジノゲームの一つとして有名なブラックジャックをご存じでしょうか。 このブラックジャック、海外では若者から主婦層、ビジネスマンに人気のあるゲームなのです。 その理由はマニュアル本に書かれている方法を身につけることができれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎができるからなのです。 とはいってもギャンブルだから、お金を稼ぐだなんて絶対に無理だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、海外では、パチンコ店に行く感覚でブラックジャックを楽しむ方がたくさんいるのです。 カジノゲームの中で、初心者の方でも気軽に遊ぶことができるブラックジャックですが、カジノ店にお客が少ないと、ディーラー対プレーヤーが1人のみということもあります。 こんな時は要注意してください。 ディーラーが1人のプレーヤーにカードを配るとすぐにカードがめくられ、ゲームの勝ち負けが分かります。 1対1のゲームを実際にやってみるとわかりますが、プレーヤーが自分一人だと、かなりの重圧がかかります。 プレーヤーはカードを引くか、引かないかの選択権がありますが、向かいのテーブルにいるディーラーをあまり待たせると悪いと思い、ゲームを慌ててしまうことがあります。 1対1のゲームの場合、あっという間に賭けチップをディーラーに吸い取られてしまい、思わず心の中で泣いてしまうこともあるかもしれません。 実は、ゲームの進行を早めるのは、ディーラーのテクニックの一つだと思っておきましょう。 本場のカジノでは、ディーラーは歩合制である場合が多いため、いかに客から賭けチップをまきあげることができるかが重要なのです。 そこで、ブラックジャックのテーブルを選ぶときは、すでにテーブルに2人か3人腰かけているテーブル席を選ぶことが大切です。 ゲームの進行はディーラーが握っているので、複数のプレーヤーがいるテーブル席の方が、カードを引くか引かないかについても、冷静な判断をすることができるのです。 プレイヤーとディーラーが1対1の勝負を行なうブラックジャックはカジノでは大変人気があります。 ルールは、点数合計が21を超えないようにしながら、点数の合計を21に近づけた方が勝ちと言うシンプルな物になっています。 そして単に数字の単純な合計では面白くないので、絵札は10とみなし、Aは、11か1とカウントします。 そしてゲーム中でディーラーから配られたカードが、Aと10に相当するカード、つまり10・J・Q・Kのいずれかで21点になるようなことが、稀に有ります。

ベーシックストラテジー完全解説!今すぐ使える8つの必勝法

ディーラーは16以下の場合、必ずヒット (もう1枚引く)し、 17以上であればスタンド (引かずに勝負)するという、基本ルールがあります。 完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。 アメリカ ラスベガス ハワイ カナダ メキシコ アンティグア・バーブーダ アルバ ドミニカ共和国 ハイチ パナマ バハマ。 アルゼンチン ウルグアイ コロンビア チリ パラグアイ ブラジル ペルー。

リゾカジ カジノレポート

resocasi さんのツイート。 コメント( 0)。 初日、約$のマイナスとなったのぶさんは第2日の戦いに挑みます。 とはいっても、昼間はちょっとダウンタウンまで買い物に出たり、ビーチやプールでのんびりと過ごします。 また、カジノの話から離れますが、バハマでは買い物に関してはデューティーフリーで、化粧品や酒などはかなり安いようです。あまり、関心なかったので値段までは観察していませんが、一緒にいた某女性は「安い~」と叫んでいました。 さて、晩飯も食べて、カジノに出陣です。しかし、今夜は同行の某女性も「少しはカジノやりたい~」ということで、ちょっとお付き合いをしなければなりませんでした。といっても、テーブルゲームのルールは全く分からないので、とりあえずルーレットとビデオポーカーぐらいでお茶を濁します。すぐに$40を負けた某女性は、不機嫌になって部屋にかえりました。 そこから本格的にスタート。まずは、ブラックジャックで昨日のカタキを…。 ちなみにその日は木曜日。アトランティスではホテルの宿泊レートも、木、金、土が週末料金で、カジノも週末扱いなのか、ミニマムもあがっています。ブラックジャックのミニマムは$10。 昨日よりはましで、一進一退を繰り返しますが、1時間後にはさらに$のマイナス。 のぶさんはブラックジャックに向いてないのか? ベーシックストラテジーには忠実にやっているんだけどな~。 というわけで、レットイットライドのテーブルへ移動。約2時間、プラスマイナスを繰り返しながら、ほぼトントンで時間が過ぎました。 最近の傾向として、最初にへこむとなかなか回復できないんだよね。結局、第2日を終えて、約$マイナス、ほんまにさえんな~。 のぶさんは土曜日の早朝の飛行機でバハマを発つため、金曜日の晩は当然オールナイトで、カジノです。しかし、アトランティスのカジノは、前にも触れましたが、午前4時にはテーブルゲームがすべてクローズしてしまいます。このあたりもちょっと物足りないんですよね。 午前2時ぐらいから徐々にテーブルが閉まり始めるので、流れがきている時でも一方的にクローズされ他のテーブルに追い出されることもありました。やっぱり、カジノは24時間やってもらわないと。 これ以上書いても、むなしくなるだけなのですが、最終金曜日はほぼ、プラスマイナスゼロ。トータルでは、$の負けでバハマを発つことになりました。一時、マイナス$までいって、レットイットライドで取り返して、といった流れでした。 今回のバハマでは、とにかくブラックジャックで勝てなかった。 ブラックジャック以外には手を出さないとかいっていたのに、これじゃあ話になりませんね。 一般的にカジノで負けたところの印象は良くないのかもしれませんが、正直いって、もう一度バハマにいくことはないような気がします。 まず、何といっても遠い。 さらに、何かと金がかかる。 このサイトのコンセプトの「カジノリゾート」としては、確かに理想に近い場所ではあるのですが、日本に住むのぶさんとしては、「トータルで考えればテニアンの方がいいよね。」と思ってしまいます。 そんなわけで、バハマ編はこれで終了です。 次回は…、どこにしましょうか? HOME レポート 掲示板 オフ会 プログラム イベント リゾカジの歩き方 特集・コラム 初心者のためのカジノ Facebook。

【カジノシークレット】の「ブラックジャック」で『ベーシックストラテジー』が使えないだと?!w【前編】


コメント