新しい時間

ミニゲーム/【コンドルフォート】

発生タイミングミニゲーム – 48440

レストランの出現方法

BGMは 嶋倉一朗 にかわって大部分を 田中彩 が、一部を 近藤浩治 が担当。 夢の世界「ユメミール」の「 星の精 」達がある日、「この世界にいつもたくさんの夢をくれるような、夢見るチカラを持った人たちをユメミールに招待しよう」と考えた。そこで選ばれたマリオ達を、星の精達がユメミールに招待する。 今作のゲームの説明・案内役は、『 マリオストーリー 』で登場した 星の精 たちである。 ボードマップでは、移動を終えると止まったマスによって様々なイベントが発生する。以下は「パーティモード」で登場するマスである。「ストーリーモード」で登場するマスについては、 ストーリーモードのマス の節を参照。

マリオパーティ5 - Wikipedia

同名の地名、 コンドルフォート で遊ぶ(戦わせる)事が出来るFF7のミニゲーム。 兵を配置し、下から攻めあがってくる神羅の兵隊を迎撃・殲滅するのが目標。 上まで攻め込まれるとパーティがボスと戦うことになる。 最後のヒュージマテリア防衛戦以外は負けてもストーリーに直接影響は無いが、攻め込まれると戦利品が実質 バジリスクの爪 になってしまう。 ストーリーの進行とともにミニゲームのレベルが上がり、合計7つのレベルがある。 レベル7はヒュージマテリア防衛戦であり、特定の時期になると強制的に発生する。 レベル1~6で勝利時に手に入るアイテムの中には、 スーパーボール などもあるため、結構手間だが、折を見て様子を見に行くと良い。 レベル7が終わると二度と発生しなくなってしまう。 レベル7で敗北するとヒュージマテリアを奪われた上、 フェニックスのマテリア の入手も困難になる。 とはいえ、 CMD。 グランドホーン 戦で全滅しないと敗北扱いにならない上、 ヒュージマテリア防衛戦では敵を完封するよりも敵を小屋に攻め込ませて主人公達で倒し、 インペリアルガード を手にいれる方が貰えるアイテムが増える。 小屋に攻め込まれようが撃退さえすれば住民達の反応も変わらないので、 知ってるプレイヤーは防衛戦では敵をわざと招き入れたりする。。 コンドルフォートでしか手に入らない個数限定のアイテムは、ヒュージマテリア防衛戦のインペリアルガードとフェニックスのマテリアとヒュージマテリアの3つのみ。 防衛戦以外で手に入るアイテムはあれば便利という程度なので、ミニゲームに 興味が無かったり 、面倒臭ければ無視してしまっても構わない。 正攻法でいくと結構な兵数が必要で費用がかさみ、そのくせ意外とあっけなく負けてしまうこともある。 案外骨のあるミニゲームになっている。 基本的に使うのはアタッカー、ディフェンダー、シューターの3ユニット。 岩落機や投石機系も使えるには使える。 リペアラーとワーカーは本体の性能が低く、使いこなすにはコツがいる。

DIABOLIK LOVERS LUNATIC PARADE|System

マリオパーティシリーズ の第1作である本作は、スゴロク式のボードマップとミニゲームが合体した内容であり、最大4人で遊べる。 また、本作においてシリーズに共通している下記のシステムが作られた、。 一方で、「移動中にアイテムを購入する」「移動する前にアイテムを使用する」と言った、ボードマップ上でアイテムを使うというシステムはまだ無く、アイテムはキノコショップで売っている物をボードマップ内で集めたコインで買う方式が取られていた。その他、マップ上でクッパと遭遇するとクッパイベントが発生したり、スタート地点に ノコノコ がいて通過時にコインが貰えるなどといった、今作だけのルールもある。他に課題をクリアしながらゴールを目指す1人用ゲーム「ミニゲームアイランド」や、スター獲得のルールがなくひたすらミニゲームで戦い、集めたコインの数を競う「ミニゲームスタジアム」もある。 本作はミニゲームとボードゲームの合体というアイデアからスタートし、試行錯誤の末にミニゲームの面白さが現れ、最終的にはミニゲームを生かしたボードゲームという形になった [1] 。

コメント