新しい時間

最近の「パチプロ」「スロプロ」はどれくらい稼いでいるの?(スロプロ編)

評価万円スロット – 36702

パチプロ(スロプロ)の年収を調べて、転職や就職に活かす年収を検証、分析したサイトです。

殆どが噂の域を出ないのですが、数年前に5,万円というのがあったそうです。 その場合は、やはりパチスロで、パチンコでは、でないようです。 昔は1,円メダル50枚で勝負できたそうですが、規制が入り、現在1枚20円と相場が上がり、逆にギャンブル性は減少したと言われています。 また高額年収のほとんどは、毎日お店に朝から通いつめ、年間1,台も打つなど、かなりハードな点も特筆すべきことでしょう。 以前は、CR機などを実際に入手し、プログラムを改変して、研究するのが常でしたが、現在は普通にお店に通って、研究を続け、1機種に得意とする専門性を磨くことが重要のようです。 パチンコの場合は、釘の見極めが大事ですが、現在のCRはあまり通用しないため、ほとんどがスロプロへと移行しています。 スロットの場合は、機械割りと呼ばれる独特の計算方法で、大当たりを予測する技術や、高設定を割り出す事にあるので、しばらくはその研究を続けることから始まります。 手持ちの資金が重要ですので、まず副業で何かの職を持っていなくてはなりません。 ある程度、データーが蓄積され、勝率が上がるようになれば、パチプロ(スロプロ)として、常に新台、新規オープンのお店などをチェックし、各地のお店でしばらくは、同じ台で稼ぐことを繰り返します。 数ヶ月で設定が変更になったり、勝率が変わった場合は、他のお店に移転するなど、移動も多い職業ですから、自動車保有は必須です。 現在のパチプロ(スロプロ)は、普通の会社員や、自由業などが比較的多く、パチンコの収入は年万未満というのが多いそうですが、パチプロ(スロプロ)兼ライターの場合は、専業で、全国のパチンコ店などを巡回し、データーを取りながら、朝から通いつめ、食事は殆どその周辺で済ますケースが多いそうです。 中には、食事は一旦勝負に入ったら一切とらない人もいますね。 勤務時間というか、入店時間は、基本は早朝から並び、閉店まで打ち続けるので、副業がある人は、休みの日の殆どを朝から晩まで、パチンコ・パチスロ三昧といった感じで、閉店後、呑みに行ったり、遊びは深夜にというのが多いんだとか。 食生活も乱れがちで、タバコは必ずと言っていいほど吸う人が殆どです。 健康面は良くなさそうな職業だということがわかりますね。 お店には前日に、下見を兼ねて軽く打ちに行き、データー目的で勝率は無関係に台を眺めていますね。 友人同士の情報交換がキモですので、パチプロ(スロプロ)仲間は重要です。 優良店情報は、いち早く掴んで、早朝から並んで(開店4時間前もある)、食事も取らず打ち続けます。 パチプロ(スロプロ)の年収は万円~万円!パチプロ(スロプロ)のなり方、ランキングを解説! パチプロ(スロプロ)の年収を調べて、転職や就職に活かす年収を検証、分析したサイトです。

開発者のRissenさんのツイッター

そしたら、ようやく ソシャゲ会社の契約社員になれたのですが、やる気のない態度が前面に出てしまい、半年でクビになってしまいました 。笑。 それで、 ギャンブル系のアプリをつくりはじめたら、半年ぐらいで収入が月10万円を超えてきて、年には生活できる程度に はなりました。 その頃は、 メーカーの「有料スロットゲーム」しかなくて、無料のスロットアプリも無かったので、ジャンル的に穴場だった んだと思います。

コメント