新しい時間

カジノ解禁程度で、、ギャンブル依存症が増える可能性は低い

新世代ギャンブル船上カジノ – 65508

カジノ解禁を求め、目指す動き

カジノは ヨーロッパ を起 源 とする賭博の施設。ルイ15世がいた頃の フランス で広まっていった。以降、規模を問わず全 世界 的に広まっていった。 現在 においては アメリカ の ラスベガス 、 中国 の特別 行政区 マカオ 、 韓国 の釜山などが有名で、それぞれカジノを中心として ホテル や ショー 施設などを兼ね備えた リゾート 地として栄えている。 また、船上 クルーズ の 旅 に使われる 豪 華 客船の中にある場合も多く、 海 上であれば大抵営業している。カジノが認められている 国 の船であれば、 海 上に出れば合法となるが、 日本 に停泊中及び 日本 籍の船は違法になってしまうので注意が必要である。 日本 籍の船にもカジノが楽しめるような施設はあるが、 リアル マネーをかけるのではなくあくまで 仮想通貨 で遊ぶ タイプ のものにとどまっている。 一発 当たれば大逆転できるという夢を追い 求 める人や、 趣味 程度に遊ぶために訪れる人など様々ではあるが、 パチンコ と同じように一度ハマると抜け出せなくなる、いわゆる「 ギャンブル 依存 症」に陥る ケース も多くあり、これはカジノを認めている 国 だけでなく多くの 国 で 社会問題 となっている。このためか、負けた時に手軽に現 金 を入手することができないように施設内には ATM を設置することを禁止するなどの ルール が決められている地域もある。 オンライン カジノにおいては、 国 内から接続して プレイ すること自体は法整備が間に合っていないなどの関係から グレーゾーン とされている。しかし、客に プレイ させて換 金 行為を行っていた インターネットカフェ が摘発された ケース はあるため、今後はこの辺の法整備がされることがあるかもしれない。 ニコニコ生放送 では「カジノの楽しさを知ってもらうこと」を 目 的として、 生放送主 が ディーラー 、 視聴者 が プレイヤー となり、仮想 ポイント を使って コメント でやり取りをしながらカジノをする「 ニコ生 カジノ」という文化が発展している。 無 論、現 金 への交換は一切できないのが ルール となっている。 ニコ生 カジノを実施している コミュニティ は 現在 多数存在し、全ての コミュニティ において 完 全 無料 で行われている。参加したい場合は 生放送 中の参加募集の時間にその旨を伝えればOK。それぞれの コミュニティ が管理している ポイント バンク に登録され、退席時に残った ポイント は基本的に保管される。

【5DRAGONS】~ガチギャンブル!! 1Gにつき1500円以上の超高レートスロットマシンと対決~ 上カラ水瀬 ~特別編~《水瀬美香》[WEB-TV][パチスロ][スロット]


カジノの企画立案・運営支援

次に、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」。3つ並んだ57階建てホテルの屋上に、長さ300メートル、ジャンボジェット機4機が入る船のような形の広場が設置されている、極めてユニークな外観の施設です。8年前の2010年に開業し、年間4500万人が訪れるということです。 運営事業者によると去年1年間の売り上げは、31億5400万ドル。日本円に換算して3300億円余りです。 現在、IRの整備に向けた自民党のプロジェクトチームで座長を務める岩屋毅衆議院議員に話を聞きました。 「日本では、小泉政権のころから『カジノを作りたい』という声が地方自治体から出ていた。しかし、ギャンブルを禁止している刑法に風穴を開けるのはハードルが高く、政府は門前払いをしていた」。 そうした中、それまでカジノを禁止していたシンガポールで、国の財政難の打開策としてIRの整備を認められたことをきっかけに、2010年、当時の民主党政権時代に、与野党の有志の国会議員で構成する議員連盟が設立されたということです。 岩屋さんは、「当時はまだ観光が国の中心的政策ではなかった。その後自民党が政権を奪還し、安倍政権になって、成長戦略に『観光立国』が盛り込まれて以降、IRの実現をめぐる議論が加速化した」と説明しました。 ギャンブル依存症をめぐっては、2011年、大王製紙の井川意高・元会長がグループ企業から巨額の資金を引き出し、海外のカジノで使ったとして特別背任の罪に問われ、懲役4年の実刑判決を受けた事件で世間を騒がせました。 井川元会長は懺悔(ざんげ)録として出版した著書「熔ける」の中で、借金が4億円を超えてもカジノをやめられず、奇跡的に勝ちが出るとさらに続けてしまい、結局また借金をする。「地上と天空を乱高下しているような高揚感に身を浸していた」と記述しています。

法律と賭博の位置づけ

さまざまのタイプのカジノを企画立案するノウハウを持つカジノ・オーストリアは、カジノの運営を請け負うだけでなく、財務面でも協力して、立ち上げの段階から長期にわたる協力関係を維持していく。 35年間で世界各地の1000以上のカジノ事業計画でコンサルティングに携わり、成功に導いてきた。 CAIの企画立案活動例 <カジノ合法化に伴う政府への協力> スイスでは2000年にカジノが合法化され、同年4月に関連する法律が施行された。それまでの5年間、CAIはスイス政府をサポートし、カジノ法案の最終案の作成にも携わった。 <復興カジノを支援> 2005年、アメリカ南部を超大型ハリケーン「カトリーナ」が襲い甚大な被害をもたらした。多くの建物が崩壊したため、街の様相は一変してしまった。復興資金が必要となったため、ミシシッピ州政府は民間資本を募ってカジノを導入することを決め、ショッピングセンターの開発も進めた。その収益は住宅建設などにあてられた。CAIはこのプロジェクトにも協力した。 <日本との関係> CAIは日本のカジノにも深く関わっている。「カジノ解禁」の機運が高まった2004年7月には、沖縄でのカジノ計画について運営企業として進出することを表明した。残念ながらこのときは日本の国内事情で解禁に至らず、国内初のカジノが実現することもなかった。 最近になって、日本の成長戦略のひとつとして「観光立国」が注目されるようになった。その中には、カジノIR(インテグレイテッド・リゾート)構想も含まれている。 ナイトライフを楽しみ、滞在者の日程を延ばす観光資源としてのカジノは、海外からのインバウンド拡大で観光産業を発展させ、経済を支えていく存在となりえる。 日本国内では一部の反対が強いだけに、いったんやるとなれば失敗は許されない。カジノを定着させ、継続的に来場客を呼び込むには何が必要か。あらかじめ十分に検討しておく必要がある。砂漠の真ん中に人工的に作り上げたラスベガスや、21世紀に入ってから外国資本を導入して急成長したマカオだけがカジノではない。 観光立国の一環である「日本型カジノ」の創設にあたり、あらゆるスタイルのカジノを手がけてきたカジノ・オーストリアの歴史とノウハウに学ぶべきことは多い。 カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト > 運営方針はこちら。 Tags: カジノジャパン。 ニュース&レポート 国内ニュース 法案NOW 海外ニュース 地方IRレポート。

コメント