新しい時間

無料送金アプリ「PRING」、京葉銀行からの入出金に対応いたしました。

ライブ配信動画銀行送金 – 39492

配信ライブの投げ銭について

お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくは サイトポリシーのページ をご覧ください。 この記事は 有料会員記事 です。有料会員になると続きをお読みいただけます。 この記事は 有料会員記事 です。 All rights reserved。 No reproduction or republication without written permission。

【プリンのチーム機能とは】

ニュースサマリ: 9月26日、ライブストリーミング配信者向けソフトウェアを開発する「SteamLabs」がLogitechに買収されたことを発表した。Logitechは日本ではLogicoolとして知られているデバイスメーカー。買収額は約8,万ドルで、収益成長目標の達成を条件として追加の買収額約2,万ドルが発生する。 一方、StreamLabsは配信者向けにライブストリーミング配信中に視聴者とリアルタイムでコミュニケーションを行うサポートをするツールを無料で提供。主要配信プラットフォーム(AmazonのTwitch、GoogleのYoutube Gaming Live、MicrosoftのMixer、Facebook Live)の全てに対応しており、各プラットフォームを機能拡張することで一定の市場ポジションを勝ち得たといえます。 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの調査 によると、投げ銭を行うのは全視聴者のたった8。

このイベントを見ている人にオススメ

ライブ配信では映像をリアルタイムに変換して配信ソフトで流すことになるのですが、これはPCにとって非常に負荷のかかる作業となります。よってPCのスペックは必然的に高いものが推奨されるのですが特にメモリとCPUが重要です。具体的にはメモリ16GB以上、CPU Core i7以上、可能であればグラフィックボードは NVIDIA GeFOrce Ti(メモリ6GB以上)を推奨しています。さらにこれからPCを購入する方へはMacよりもWindowsをおすすめします。 また、第2部と称し、セミナー終了後ZoomやGoogle Hangouts Meetなどのツールに切り替えて懇談会を行っているケースもあります。私たちが行ったセミナーでは「オンライン名刺交換」として、参加者がTwitter内で相互フォローをしあったり、共通のハッシュタグ内でコミュニケーションが取れるよう、主催者側から積極的にネットワーキングが作れるように促していく取り組みを実施したりもしています。

【新型コロナウィルス感染の影響と背景】

近年トレンドとなっている動画コンテンツの販売。自身もしくは自社でも動画コンテンツを販売したい!と思ったときに、どのような販売方法があるのでしょうか。 この記事では、 動画を販売するために必要なことや、DRM Digital Rights Management:デジタル著作権管理 の重要性について詳しく解説 していきます。 動画コンテンツを販売したい場合に、最も手軽に販売を開始できる方法です。 投稿型の「販売プラットフォームサイト」に、自社の動画コンテンツをアップすることですぐに販売が可能。 他者の動画を購入した人がついでに自分の動画コンテンツも見てくれるかも知れないという集客上のメリット もあります。ただ、敷居が低い分 システム手数料を2~4割ほど引かれる点や、コンテンツの内容によっては販売自体ができない 場合もあります。 販売を手軽に始められはしますが、動画販売をビジネスとして大きく伸ばしたい、という方にとってはあまりオススメはできません。 DRM Digital Rights Management とは、デジタル著作権管理という意味です。具体的には、音声や動画のコンテンツを保護して、不正な利用・複製・流出を防ぐための技術の総称です。 コピーされると特に不都合なもの、重要性や機密性の高いコンテンツには、DRMを施す必要がある と言えるでしょう。具体的には、販売を目的とした映画や音楽、ドラマなどのデジタルコンテンツが挙げられます。金銭と引き換えにコンテンツを提供しているため、無償で拡散されることや不当に使用されることは防がなければいけません。また、販売を目的としていなくとも、社内で使用する動画コンテンツ マニュアルやセミナー・研修用動画など は、DRMでしっかりと保護をしないと、会社の重要な情報の流出に繋がりかねないため、 DRMは動画コンテンツ販売・配信において、最重要である と言えるでしょう。

コメント