新しい時間

パチンコやパチスロ、ゴルフ業界はどうなる? 平和の事業ポートフォリオ変遷から考える

大当たり富裕層スロット – 38772

あなたにおすすめの記事

この記事はlivedoorNEWSアプリ限定です。 アプリが無いと開けません 各ストアにスマートフォンでアクセスし、 手順に従ってアプリをインストールしてください。 ざっくり言うと 有吉弘行が6日の「怒り新党」で初めてのカジノで大当たりしたと振り返った ラスベガスのスロットで当たりが出て、金額は30万にものぼったそう あまりに出てくるので「機械の故障だと思うくらい」だったという。 総合 国内 政治 海外 経済 IT スポーツ 芸能 女子 1。

記事提供社から(外部リンク)

カジノのスロットマシンで万ユーロ(およそ万ドル)を当てたはずなのに、大当たりはソフトウェアのエラーだったという理由で60ポンド(およそドル)と無料の食事しか提供されなかった男性が、訴訟を計画している。 Mail Online が報じた。 オーストリアのブレゲンツでカジノを運営するCasinos Austria AGは、大当たりが出たとされたとき、スロットの目が5つのうち4つしか揃っていなかったと主張している。また、万ユーロ以上の賞金を禁じた法律にも言及したという。 一方、プレイをしていたBehar Merlakuさん(26歳)は、「大当たりであることが音などではっきりと分かった。音楽が響き、万ユーロほど当たったことがスクリーンに表示された」と言い、携帯電話でそのときの音楽やスクリーンを録画したと、Mail Onlineで述べている。 Merlakuさんが賞金を要求すると、カジノ側は彼を出入り禁止にしたという。Mail Onlineによると、Merlakuさんの弁護士らは、カジノが責任をスロットマシンメーカーに転嫁し、エラーの責任から逃れようとしたと主張している。 この記事は海外CBS Interactive発の 記事 を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 All rights reserved。

コメント