新しい時間

【デュエル・マスターズ店舗イベント】参加の皆様へ

大勝利マスターカード – 55210

ハットンが逃げ切りで米ツアー初勝利 松山英樹は56位

eバウチャーとは、バウチャーレス(チケットレス)、つまり印刷された 紙のバウチャー不要 で、現地ツアー、アクティビティに参加できるシステムです。 国・地域 通貨単位 クレジットカード払い 銀行振込・コンビニ支払 アメリカ 1USドル 。 オーバーブッキングとは・・ 通常全世界のホテルでは、実際の部屋数以上の予約を過去の実績によって多く受け付けています。最終的にはキャンセル等で実際の部屋数で収まるのですが、稀にその予想通りにいかずに、実際の部屋数より多い予約を宿泊当日になっても抱えている状態を「オーバーブッキング」と呼びます。この行為は、各国、ホテルの宿泊約款により、ホテルに認められた権利となっております。 このお問い合わせフォームは、このツアー・旅行商品に関するご質問専用のフォームとなります。掲示板へ公開投稿する場合は、 サイト利用上の注意 をご確認の上ご投稿ください。

荳肴・縺ェ轤ケ縺後≠繧句エ蜷・

幕末 、 京都 にその名を轟かせた 新選組 一番隊隊長・ 沖田総司 その人。 史実上では男として名を遺したが実は女性だったという設定。 史実通り体が弱く、ショックな事があると 吐血 する。 最後まで戦えなかった事が強い心残りとなっているらしく、真名が明らかになると同時に 「病弱」「豆腐メンタル」「マイナス思考」 などの属性が追加された。 聖杯に託す願いは「最後まで戦い抜く事」…ただしFGOでは 聖杯でも自身の「病弱」は取っ払えないと明言されてしまった 。 「病弱が治るんですか? やったー! ……え? 英霊としてのスキルは治らない? 願いが叶うって言ったじゃないですかー! うわーん!」 ちなみに髪の色はピンクがかったブロンド…というか 白髪 らしい。公式でもイラストでも髪の色が微妙に異なることが多い。 本人曰く「だいたい病気のせい」。 普段はお調子者の様に明るくも物腰柔らかく、時には謙虚で礼儀正しいが、こと戦いになると非常に冷酷かつシビアな面を覗かせる。 具体的には、余裕ぶっこいてた 青セイバー を一刀のもとに切り伏せたり、マスターに銃を突きつけた敵兵を衆目の見ている中容赦なく斬殺するなど。戦闘中では騎士道とか空気とかは知ったこっちゃないと評し、「ってか、斬り合いなんて生きるか死ぬかでしょう」との事。 ちなみにこれは別に幕末当時とかの倫理観によるものではなく、リアリストな当人の性格が大きく出ているもの。 彼女自身の興味も関心があるものや関連するものなどには積極的になる反面に、逆にどうでもよいものや他所の価値観にはあっさりして冷めている。 清楚な外見に反して、意外にも 「斬りあいなんて気合が全て」 という程の脳筋な面があり、 剣が折れたら鞘で、鞘が折れたら素手で戦う と言うほど中身はアグレッシブ。 生前は凄腕の剣士として知られ自らも剣技にそれなりの自信は持っているが、いわゆる武士道や剣の道に生きる事への関心は全くない。それが原因か後の英霊"剣豪"にはノミネートされなかった。 その一方で「ただひたすらに斬るのみ」と明言している様に無鉄砲・猪突猛進なところもあり、空気を読まずや勢い任せになってしまったり、自身の病弱体質や敵方の謀略などを考慮せず突っ込んでしまい、結果的に失態を犯してしまうという若きに亡くなった故の未熟さもある。 ちなみにスリーサイズは不明だが胸は割と大きい。あの メドゥーサ が認めたとされるサイズ。 しかし 「斬り合いの邪魔なんですけどね」 とのことで、戦闘用の装いの時はさらしで潰しているらしい。こんなセリフを聞いた 秋葉さん は激昂したとかしなかったとか。 なお、容姿に関しては自信を持っているのか持っていないのか不明。どちらともとれる発言をしているがFGOユーザーからは美少女剣士として名が通っている。 耐久力はかなり低く、その上スキル『病弱』の影響で打たれ弱く、しかも『神秘』が薄い時代の英霊なので『対魔力』も最低ランクと防御面に大きな欠点を抱えている。 その反面、『縮地』による非常に 高い機動力と奇襲性 、「剣じゃない何か」とされる技量と秘剣の性能が上手く噛みあっており、 あくまで不意打ちではあるが 円卓の 三 騎 士 をも三段突きで倒すなど、天才剣士の名に相応しい優れた技巧と速攻戦術を誇っている。 一方で、新選組流 というか幕末当時 の合理的な戦術による奇襲性や、桜セイバー自身がセイバーらしからぬパラメータ、 アサシン クラスの適性があることを明言されていることから、 ある意味でクラス違いネタの様に扱っている 。 本人自身も アサシンの方が得意と発言 している他、 風魔小太郎 からは「忍者っぽい」とも言われている。 そしてそれは、 本人も意図しない形で実装される事 に。 なお確固たる強さこそ見えにくいものの、 土方歳三 の評価からすると彼女の剣は、「剣じゃねえ。 何か別のもん だ」と評される次元の域にあるとも言い、彼女の歳も経歴からしてもその名の通り天才型とも言える様な、逸脱した潜在性の高さや鬼才性に纏わる可能性を覗かせている。 奥義『 無明三段突き 』。 魔人アーチャー ライバル兼同僚の 腐れ縁 的な関係。様々な媒体に出演する時は常に彼女とセットで登場する。 ことあるごとに張り合いやディスり合いが絶えない宿敵であり、食っちゃ寝を共にしたりぐだぐだだべったりする友達のような間柄でもある。 劇中では相性等で天敵関係にあるが、結構性格が似ている様な一面もある。 琥珀さん コハエースの同僚。沖田の原案が「琥珀がセイバーになったら 通称コハセイバー 」というものなので、髪型やリボン等が相似している。 モードレッド 何故か気に入られている。恐らく原因は生死感や戦闘における考えの一致。そしてとあるワンシーンでは彼女の母上役も務める。 が、セイバーの定義回で「クソみたいな出身」とかなりえげつない発言をしている。 魔神セイバー 魔人アーチャーと桜セイバーが融合する事で生まれた「Fateを終わらせる者」。 帝都聖杯奇譚 でも別設定で登場。 ぐだ男 を巡って 正妻戦争 が勃発することが多い。ただし本人達の仲は良い。

コメント