新しい時間

オーストラリアカジノの特徴や勝ち方・必勝法を徹底解説

ゲーム種選定オーストラリアカジノ – 60051

オーストラリアのカジノ事情

本稿では、統合型リゾート(IR:Integrated Resort)ビジネスの理解を深めていただくため、シンガポールで法規制の整備及び規制当局の設置に際し、ネバダ州等と同様参考にされた、ビクトリア州のゲーミング(カジノ)に係る法規制や規制当局の概要についてご説明いたします。 メルボルン地区におけるゲーミング(カジノ)運営者の選定は2段階で行なわれました。まず、入札(Expression of Interest)により、応募した23社の中から3社を選出し、その後選出した3社に対してより具体的な事業提案書の作成を要請し、最終的にクラウン・リゾーツを選定しました。現在、クラウン・リゾーツが同州で営業を行う唯一のゲーミング(カジノ)事業者となっています。 ビクトリア州では、州政府が、カジノ管理法(Casino Control Act )、ギャンブリング規制法(Gambling Regulation Act )、また、これらの法令を補足する諸規則(カジノ経営同意法:Casino Management Agreement Act 、プレミアム顧客に係るギャンブリング規制:Gambling Regulation Premium Customer Regulations 等)において、ゲーミング(カジノ)に係る諸規制を規定しています。 加えて、ビクトリア州においてカジノ運営を許可されている企業は1社のみであるため、法規制に記載のない取り決めや、ライセンスに係る詳細事項等については、州政府とカジノ運営者との間で交わされた同意書(Consolidated Casino Agreement)で規定されています。 ビクトリア州では、司法省の下に、ギャンブル及びアルコール規制委員会(Victorian Commission for Gambling and Liquor Regulation)があり、ゲーミング(カジノ)産業の透明性を維持するために監視・監督を行なっています。ギャンブル及びアルコール規制委員会は、カジノ管理法及びギャンブリング規制法を施行する他、管轄下にある各局を通じて、運営に係る様々な法規制を施行しています。(図表1参照)。

ゲーム種選定オーストラリアカジノ – 43339

Ⅳ 米国におけるゲーミング・カジノの制度と実態

一方、賛成のための市民運動も存在し、近年着目を浴びている組織としてPoker Players Alliance「ポーカー・プレーヤーの為の同盟」という非営利団体がある。公称会員は何と万人以上となり、インターネット・ポーカーは技量のゲームであり、賭博ではないとして、その合法化を求める運動組織になる。ネットを通じた市民運動を通じて、大きな会員制組織となり、連邦議会議員をもオルグし、味方につけるというロビー活動をするまでに発展した事例である。こうなると、政治的には侮れない主体になってしまう。 上記と同様に、一部の東部諸州では、スロット・マシーン(VLT)専用カジノという施設が過去4~5年の間に設置された。一種のスロット・パーラーとでもいえる施設で、レイシーノと同様に、VLTのみを設置し、簡素化された規制当局によるオンライン監視などの制度的考えは全くレイシーノと同一である。ここでも、収益拡大、顧客ニーズへの対応を目的として、かかる施設にもテーブル・ゲームを設置する法案や住民同意取得が一部の東部諸州で実現した ペンシルベニア州 。これも実態面ではフル・カジノに限りなく近くなる施設になっており、電子機械ゲームから始め、テーブル・ゲームを設置することで、機能的には通常の陸上設置型カジノと変わらない施設となりつつある。

コメント