新しい時間

モナコのおすすめカジノ3選!【カジノ初心者も歓迎】

ヨーロッパの美しいカジノマシン – 57740

ヨーロッパ型IRの原点を求めて (1)

モナコは世界中のセレブがこぞって住みたがるほどキレイで落ち着きのある国です。 そのため、モナコの主な収益源は観光産業などとなっており、物価も通常より高め。何を買うにもお金が必要です。 由緒ある 『カジノ・ド・モンテカルロ』 と、カジュアルに入れる 『カフェ・ド・パリ・カジノ』 や 『サン・カジノ』 など、モナコには最上級のカジノからゲームセンター感覚のカジノまで幅が広いのが特徴です。 お金持ちしかいない=治安が良い ということを意味し、全ての住人がゆったりと過ごしている異次元の国です。もちろん英語も通じますが、公用語はフランス語ですので最低限は喋れる程度にしてから訪れた方が、ホテルの外でもスムーズに過ごせます。 引用元: Casino de Monte-Carlo。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

なので「ヨーロッパ型IRは……」と業界の話題を出そうものなら、いよいよ話の矛先はどこへ向かうか分からず、結局その事にはあまり触れずにフェードアウトしてしまうことが多々あるのです。話が膨らんでいかないのは寂しいばかりです が、しかしこの素朴な疑問が私の原動力となり、また「ヨーロッパ型IR」とは……の質問に私自身が明確な答えを出せない反省点も踏まえ、この度現地取材を敢行致しました。選んだ地域はスイスとドイツです。 もう既にご承知の通り、スイスでは連邦賭博場監視員会(ESBK/CFMJ)から発行される「A」ライセンスのカジノと「B」ライセンスの2種類のカジノがあります。 「A」ライセンスのカジノは「グランドカジノ」(Grand Casino)と呼ばれ、テーブルゲームを何種類でも置くことができます。スロットマシンの設置台数にも限りはなく、賭金も制限はありません。 一方「B」ライセンスのカジノは、テーブルゲームは3種類、設置できるスロットマシンは最大で250台までと一定の決まりがあります。 それらの経緯から、「ここにはヨーロッパ型IRのヒントがたくさん詰まっているのでは?」と思い立ったのがはじまりです。実際にグランドカジノ・ルツェルンは、130年ほど前よりヨーロッパ型カジノの前身「クアザール」として、世界中の人々を魅了しておりました。後に、 この「クアザール」の意味と歴史に触れたいと思います。 これらが今回選んだ地域の主な理由です。その他として、カジノ業界や地域で働く人々の生の声に耳を傾けることも取材目的と致しました。やはり地域社会のことは、その地域で活動している人の話を伺うのが一番だと私は思うのです。 たとえそれが現場の小さな声であったとしても、そのアイデアは時として、小石を川に投げ入れ波紋が広がるように大きく拡大していく要因と なり得るからです。業界と地元の声を聞くことは、需要と供給、両方の側面からカジノを見ることができ、或いは今回のテーマの答えに近づけるかも知れないと期待したからでした。

ヨーロッパの美しいカジノマシン – 63227

その他のおすすめ特集

会員登録 マイページ メニュー マイページ。 週末を利用して気軽に行ける距離。 日本語が通じるところが多いのも魅力 日本から約2。 世界最大級のカジノ都市に成長しただけでなく、 エンターテインメントも急速に発展中 もとポルトガル領のマカオ。 世界遺産にも登録された歴史的建造物が市内にあるほか、中国料理とポルトガル料理がミックスした、マカオ料理が堪能できる。香港から高速艇で約1時間で行ける距離とあって、日帰りのディスティネーションとしてはとてもポピュラー。せっかくなので、ここでカジノ体験してみては?もとより「東洋のラスベガス」と言われていたマカオだが、年代に入り、外資の積極的な導入をきっかけに、次々に豪華なカジノ&リゾーツがオープンし観光客の数が倍増。今や本家のラスベガスを抜いて、売上では世界最大のカジノ都市に。カジノはカジュアルな雰囲気で、気軽に参加できる。人気のゲームは大小やバカラだ。マカオの魅力はカジノだけではない。近年、力を入れているのがエンターテインメントで、さまざまなショーが見られる。女性には高級エステなども楽しみだ。 カジノ解禁になりオープンした、 2つの統合型リゾートが話題 長い間カジノが認められていなかったシンガポールだが、年についに解禁になり、カジノとホテル、モールなどを含む統合型リゾートが2軒オープンした。 3つの高層ビルを屋上で連結したマリーナ・ベイ・サンズは、のテーブルとのスロットマシンが並ぶ、単独としては世界最大級のカジノだ。ショッピングモールや劇場なども併設した大型施設で、このホテルの人気も高い。なかでも絶景が眺められる屋上プールは、入場が宿泊客のみとあり、このリゾートの宿泊が目的でシンガポールを訪れる人も少なくないという。もうひとつは、リゾート地のセントーサ島にあるリゾート・ワールド・セントーサ。カジノだけでなく、ユニバーサルスタジオや世界最大級の水族館シーアクアリウムなどのテーマパーク、複合プールを併設した大型施設で、見どころいっぱい。こちらは家族連れに人気だ。

コメント