地獄

大盛況のJOPT:日本のポーカー界の未来は明るい

優勝予想県レベルのカジノ – 60884

VictorySportsNews編集部

今回は仁川のカジノの話から脱線しまして、大好きな 高校野球 の話です。 ネット記事等で見た方も多いと思いますが、先日、来春の センバツ の 21世紀枠 の候補校が発表されました。

オーラを失った桃田が代わりに得た武器

木原直哉氏は、世界で活躍するプロのポーカー選手。年の第42回世界ポーカー選手権大会 World Series of Poker の「ポット・リミット・オマハ・シックス・ハンデッド」(6月日)で、日本人として初めて世界選手権での優勝を果たした。 ちなみに、その優勝賞金は51万2,ドル(約6,万円)であった。 第4回「海外のカジノにおけるポーカーのすすめ」 ポーカーは世界で普及。キャッシュゲームは、近場では韓国、規模ではマカオ、ロス、ラスベガス ポーカーは、アマチュアが趣味としてやる分には、すごくいいゲームです。世界で最も普及しているスキルゲームの一つです。 海外のキャッシュゲームでは、一番の近場は韓国です。大会期間中でなくても、規模が大きなゲームが常に動いているのは、大きい順にマカオ、ロス、ラスベガスです。 欧州にも各地にそこそこの規模のポーカールームがありますが、大会期間中以外はそこまでアクションが大きくありません。 カジノ運営側にとって、ポーカーは儲かるゲームではない。むしろ、ブランドイメージ向上が目的 ポーカーは、カジノ運営側からみれば、儲かるゲーム種ではありません。ポーカーは、基本的にプレイヤーとプレイヤーが戦って、運営者側は手数料を取るゲームです。 バカラなどカジノ対プレイヤーの構図となるゲーム種とは、収益性が異なります。 ファンは、まずは国内のアミューズ。そして、海外カジノのトーナメントへ挑戦を 私は、日本のポーカーファンには、まずは、日本におけるアミューズのトーナメントに参加してほしいと思います。そして、それでは満足できなくなったら、海外のカジノでのトーナメントにも参加してみてほしいです。

コメント