地獄

マカオ 通貨・両替・クレジットカード: 4ページ

結果発表マカオでの両替 – 32579

心理のプロがいろんな所に飛び込んでメンタリズムしてみた!

香港ドルの話をする前に、まずはマカオのカジノに行くための予備知識をおさらいしておきましょう。知っているよ!という方は 「香港ドルの両替方法」 まで飛んでくださいね。 では早速マカオの通貨ですが、冒頭でも話したとおりマカオの現地通貨は「パタカ(MOP)」です。しかし、カジノ内を含め、マカオでは一般的に「 香港ドル(HKD) 」が使用されています。 カジノ内には必ず両替所があり24時間営業ですので、困ったときはすぐ両替できるのは便利ですね。また、街のいたるところに ATM が設置されていますので、日本円から香港ドルへの両替はATMを使うのも良さそうです。詳しくは本記事のこの先で解説しています。

マカオのカジノで両替?知らないと損する15%の手数料やマカオのATM7つ

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 華やかなカジノと30もある世界遺産で魅力を放つマカオ。以前は香港からの日帰り旅行で訪れるような場所でしたが、日本からの直行便や個性的な大型リゾートの出現によって、マカオのみの滞在を目的とした旅行者も増えつつあります。 東西の文化がミックスされたマカオでは香港ドルが使えるなどちょっと不思議なお金事情が。今回はマカオでおすすめの両替方法や実際に香港ドルはどのくらい流通しているのかなどをご紹介します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)。 続いて日本円からパタカへ両替できる場所をざっとご紹介。 ・マカオの空港 ・マカオのフェリーターミナル ・マカオの銀行 ・マカオの街の両替所 ・カジノ ・ホテル パタカは基本的にマカオでしか両替ができません。両替の手数料はレートに含まれていることがほとんど。1円でよりたくさんのパタカを買えるところが「レートがいい」ということになります。 では上記のなかでお得に両替できる場所は… 「マカオの銀行」です。 空港やフェリーターミナルよりもお得に両替できるのがマカオの銀行。なかでも中国銀行や大豊銀行が比較的レートがよいと言われています。 ただ、銀行は平日のみで営業時間も短いという制限が。空港到着が遅い時間だったり、土日を含んだ旅行日程だったりする場合は、銀行での両替はほぼ不可能に近いですね。 銀行に次いでレートがよく、いつでも両替所できる所となると、それは「カジノの両替所」。老舗のリスボア、コタイ地区のギャラクシーやパリジャンなど、大型リゾートには必ずあるカジノは24時間営業。到着便が夜遅くても初日にパタカを手に入れられます。 ホテルに来るまでの交通費が気になるところですが、玄関口であるマカオ空港やフェリーターミナルからは主要ホテル行きの無料シャトルバスが常時運行。とりあえずホテルまでは現金を使わずに来ることができます。シャトルバスがないホテルに宿泊の際は、空港かフェリーターミナルでタクシー代分だけ少し両替して、残りはカジノで行うという方法がよいでしょう。 両替する場所の目星がついたら、次はいくら現金を両替するか?ですね。まずは目安となるマカオのだいたいの物価を確認してみましょう。 ・タクシー初乗り 19MOP 約円 ・香港までフェリー片道 MOP 約2,円 ~ ・エッグタルト 10MOP 約円 ・マカオビール 缶 7。

【マカオの吉田】両替あります!日本円 ⇔ 香港ドル


コメント