地獄

メルコ、「海外の日本食・食材サポーター」としてJETROから認定 - SANKEIBIZ(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

実践メルコクラウンカジノ – 20632

カジノの組織と仕事・人材教育(7)

NSW独立酒類・ゲーミング局はメルコが州のカジノライセンス保有に適正であるかを調査している。今この調査が確実に打ち切られようとしていることで、我々は不利な判決(または単に調査が進む中で現れてくる情報ですら が、ホー氏の会社のはるかに壮大な世界進出という野望、特に日本と関わる中でのその野望に悪影響を及ぼし、信用の失墜に繋がるかもしれないという懸念がホー氏にこの決断をさせるに至ったのかどうかについてはもう知ることはできない。メルコが過去に誠実性調査に合格した一方で、豪メディア、法曹界および政界には、過激なギャンブル反対派の勢力が相当いることが知られており、さらにそこにかなりの数の外国人嫌悪勢力が投げ込まれたことで、メルコにとって公正な公聴会を開くことは難しくなっていると言える。 その財政責任に加えて、メルコは マカオ時間 水曜夜に、回転信用供与枠で約2,億円の借り入れができる銀行団とのシニア・ファシリティ契約への署名を発表した。そのうちの約億円が既存債務の借り換えに使用される一方で、同契約は最大約億円の増加型融資枠の選択肢を与えており、メルコはさらにおよそ1,億円の流動性資金を手にできる可能性がある。その資金は既存事業の強化、そしてさらに必要であれば「日本での軍資金」に使うこともできる。 ブラックストーンの取引をおそらくあまり喜んでいないのが、クラウン・リゾーツだろう。同社のほぼ20%を取得する昨年のホー氏のパッカー氏との当初の契約を沈黙して見ていたクラウン・リゾーツではあるが、その新株主の存在は、同社のVIPビジネスを大きく増強させてくれることは確実だった。メルコの旗艦施設であるマカオのシティー オブ ドリームス単体での年のVIP売上高は同年のクラウンのグループ全体の売上高の2倍以上だった。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。

カジノ運営会社と東京藝大、コシノジュンコら招き芸術文化振興活動を開始

マカオ大学のマカオらしい特色として挙げられるのはカジノ研究所(コマーシャル・ゲーミング研究所)の存在と、ゲーミング専門の学士、修士、博士課程を備えているところだ。 アジアのゲーミング業界をリードする総合ゲーミング研究の理論と実践、幹部候補生の育成を主眼としている。 マカオ大学カジノ研究所はゲーミング業界の研究と発展を目的として2003年に設立された。マカオだけではなく、アジア全体のゲーミング産業の健康的な発展に寄与するための理論と実践を目指すとしている。 「レスポンシブル・ゲーミング(責任あるゲーミング)」の推進を掲げ、すべての教育の基礎としている。研究所ではゲーミング研究に従事する学者と学生に向け、国際基準の研究環境と教育機会を提供する。 同研究所の守備範囲は広く、理論と実践の両方を兼ね備える。具体的にはゲーミング産業の経済と社会に与える影響、ゲーミング関連法、ゲーミング・コントロールと技術、ゲーミング業のマーケティングとマネジメント、この他カジノ運営に関する諸般の課題について研究を行う。 また、研究所スタッフには数学、統計学、経済学、法学、商学、マーケティング、IT、社会学、歴史学、心理学など、幅広いジャンルの国際的著名学者が名を連ねる。 マカオ大学では、カジノ研究所の設立と同時に、2003年からビジネス・アドミニストレーション学部にホスピタリティ&ゲーミングマネジメント学科を設置している。 ゲーミング専攻の4年制学士課程だ。アジアにおけるゲーミングマネジメント教育のリーダーやエンタテインメント業及びゲーミング関連各業種における幹部候補生の育成を目指した教育プログラムが提供される。また、同課程では3年次に2週間のラスベガス短期研修があり、ネバダ州立大学ラスベガス校での集中講座に参加するほか、カジノリゾートの見学やゲーミング企業のマネジメントスタッフとの交流機会を設けている。 同過程で学ぶ学生数は毎年平均して一学年あたり20~30名の少数精鋭といい、卒業生の9割以上が地元ゲーミング業界に就職するという。残りの1割は公務員や修士課程へ進むという。マカオ大学ではインテグレイテッド・リゾート専攻の修士課程、ゲーミングマネジメント専攻の博士課程も用意されている。 ゲーミング専攻の学士過程コースの入学資格については、高校卒業または高校卒業見込み程度の学歴が必要だが、国籍は問わない。課程は毎年9月からスタートし、入学試験は春季に行われる。 入学試験の内容は中国語、英語、数学の筆記及び面接だ。中国語未経験者については中国語試験が免除されるが、試験はすべて英語で出題される。なお、ゲーミング専攻ではすべての授業が英語で行われるため、英語力が重視される。 学費は出身別により異なり、マカオ市民が4年で10万7200パタカ(日本円約133万円)、中国籍(中国本土、台湾、香港出身者)が12万3520パタカ(約153万円)、外国人が15万9600パタカ(約198万円)。 年間で換算すると、だいたい日本円で33万円~50万円といったところだ。日本の国公立大学とほぼ同水準といったところだろう。

コメント