地獄

インスタで話題の「ZEPETO」とは?使い方と遊び方を一挙紹介!

で複数の通貨アカウン絵文字スロット – 22572

アメリカ合衆国 お金持ち アイコン イラストレーション カジノ

絵文字とはスタンプと違い、文章の途中に使える絵で表した文字のこと。LINEでは、これまでにも様々な絵文字が用意されていたが、種類は通常の絵文字とLINEキャラクターなどに限られていた。  種類が大幅に増え、有料だが人気キャラクターの絵文字が使えるようになったというのがポイントだ。使い方としては、「デコ文字」とほぼ同じ使い方が可能だ。つまり、絵文字としてだけでなくスタンプとしても利用できるので、使い勝手がいいというわけだ。 執筆現在、ミッキーマウスやハローキティ、機動戦士ガンダム、スヌーピー、リラックマ、ドラえもんなどの人気キャラクターの絵文字が多数登場している。すべてコイン(円相当)となる。  絵文字はスタンプショップで購入できる。右下の「LINEウォレット」タブをタップし、「スタンプショップ」をタップ。そして上部カテゴリーの「EMOJI」をタップすると、絵文字が購入できる画面になる。買いたい絵文字を選択して「購入する」をタップで購入できる。 絵文字を使いたい場合は、トークルームを開き、入力部分の顔マークをタップ。スタンプが表示されていたら、画面下部の顔マークをタップすると絵文字に切り替えできる。  画面下部で絵文字の種類を選び、絵文字を1つだけ送信するとスタンプとして利用可能。テキストの前後などに絵文字を入れた状態で送信すると絵文字として利用できる。 Androidのみだがスタンプのようにプレゼントも可能だ。また、年6月より、LINE STOREでも絵文字が購入できるようになる予定だ。  なお、同社の「絵文字コミュニケーション」に関するインターネット調査(年8月)によると、全体の9割が「過去1年の間にLINE上の絵文字を使ったことがある」と回答。また、全体の約8割が「過去1ヵ月の間にデコ文字を使ったことがある」と回答している。  絵文字をスタンプとして送信するほか、テキストメッセージ内で固有名詞を絵文字に置き換えて送信したり、絵文字を複数使ってアートを作ったりする使い方がされているという。ぜひ使い方の参考にしてほしい。

Appliv編集部のおすすめポイント

このライターの記事一覧へ 94。 キーワードで探す KEYWORDS。

コメント