地獄

カジノだけじゃないマカオ: ホテル編~ソフィテルマカオアットポンテ16~

選び方ソフィテルマカオホテルカジノ – 10391

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

何故カジノと言えばマカオなのか?その歴史は香港・マカオがそれぞれ植民地だった時代にまで遡ります。当時イギリスの植民地であった 香港では賭博が禁止 されていましたが、お隣マカオはポルトガルの植民地であったため、賭博が許可されていました。 コタイエリアはマカオの2つの離島・タイパ島とコロアネ島の間に出来た埋め立て地。以前はマカオ内の人口密度の高さを解消するために埋め立てられた住宅地でしたが、多くのカジノやリゾートホテルが建設された影響で、 現在は人気の観光地 になりました。 マカオのカジノ王 こと スタンレー・ホーが年に建設したカジノホテル です。 マカオのランドマーク的存在のホテルは高さmの52階建て! 蓮をイメージしたと言われる華やかなホテルの外観も印象的ですよね。 カジノフロアはホテルの下にある球体型の建物で、 4フロア全てがカジノフロア になっています。カジノ内では台のスロットマシンと卓のゲーミングテーブルを設置。 さらにカジノ内には「 スタンレーの星 」と呼ばれる 巨大ダイヤが展示 され、 カジノを利用しない人も訪れる程人気のエリア です!カジノでは、スロット・ルーレット・バカラ・ファンタン・ブラックジャック・ポーカーなどが楽しめますよ。 広い カジノ内は高級感あふれる内装がポイント で、マカオで 一番人気のポーカールームには世界有数のポーカープレイヤーが訪れるほど です。カジノではスロット・ルーレット・バカラ・ブラックジャックなどが遊べます。

マカオカジノで遊ぶルールとマナー

マカオの歴史ある街並みの中でも、ひときわ目を引く南欧風のカジノホテル「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ16」。 優雅な時間が流れるプールや全室スイート使用のレジデンスルームなどフランスの優雅さと中国の煌びやかさが融合したカジノホテルの人気の秘密を紹介します。 引用元: booking。

フォートラベル公式LINE@

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 LINEアカウントにログインして商品を予約すると、LINEポイントが還元されます! 詳しく見る。 外観はこちら。年にオープンし、総客室室。食事処では中華と洋食の2つのレストランとバーがあります。 内装は外観より豪華で、絨毯の模様などに大航海時代のポルトガルの面影を感じられます。 チェックインカウンターの向かいにあるラウンジバー「ランデヴー」は、ドリンクの他、スウィーツはもちろんサンドイッチなども揃い、とても便利です。 手頃で美味し物が沢山あるマカオ。観光しながらあれもこれもと食べ歩くと、夕食はしっかり食べなくていい、なんて事もありますね。そんな時にも利用価値大です。テイクアウトして部屋で頂く事も出来ますよ。 では、早速朝食のご案内です。朝食はビュッフェスタイルで、シンプルなダイニングテーブルで頂きます。 パンやチーズ、そしてサービスされる温かい飲み物を始め、バリエーション豊かな野菜や飲茶など、西洋風と中国風の双方が揃っています。驚くのはそのメニューの豊富さと料理レベルの高さ!もちろんコストパフォーマンスの良さも魅力です。 それもそのはず、こちらのホテルの運営母体は、美食の国フランスなんです。食に関しては譲れない!という強い意気込みが感じられます。 そして驚くのが朝からしっかり頂ける本格的な中華料理のコーナーがある事。ちょっと奥まったところにあるので見落とさないで! テラスもあるので、天気のいい日にはこちらの利用もお薦めです。

コメント