ファン

ホイールオブフォーチュン「SUPER WHEEL」を分析して攻略するよ!

ウィールオブフォーチュンドラゴナーラカジノ – 47936

Super Wheelを分析する

ホイールオブフォーチュンは普通のカジノだとハウスアドバンテージが非常に高いです。 ルールはとても簡単なので初心者が遊ぶにはおすすめですが稼ごうと思うと難しい ことは誰もが知っています。 ベラジョンカジノの中には以下2つがあります。 ・Super Wheel(テーブルゲームの1つとして) ・Dream Catcher(カジノパリのライブルーレットにある)。 この記事では上記の2種類のホイールオブフォーチュンから 「Super Wheel」 に注目して分析、攻略していきたいと思います。 例えば[1]の配当1:1というのは$1をベットして当たれば$1の利益(かけた$1と一緒に$2が戻る)ということです。 [3]の配当3:1というのは$1をベットして当たれば$3の利益(かけた$1と一緒に$4が戻る)です。 まず前提ですが、 Super Wheelは各ポケットの出現確率とオッズが明確化 できます。それが上記の表のとおりでカジノ側のピンハネが7。

私が考えたSuper Wheel攻略法

代表的なカジノのゲームといえば、スロットマシン、ルーレット、バカラ、ポーカー、ブラックジャック、クラップスなどがありますが、今回行ってみて改めて感じたのは、 恐ろしく種類が多い 、ということ。特にテーブルゲームは見たこともないようなゲームがたくさんあり、ポーカーだけでいったい何種類あるんだ....と驚かされた次第;。今回、自分たちがプレイしたのは、スロットマシン、ルーレット、クラップスの 3 つ。いやはやカジノというのはいろいろと奥が深いところがあります。 前回ラスベガスに来たときにはほとんどスロットマシンしか遊んでいなかったのですが、10 年ぶりに遊んでみてびっくり、 現在はかなりデジタル化が進んでいる のですね。タッチパネル搭載は当たり前、巨大なスクリーンでリアルタイム中継したりとか、それはまあびっくりするような仕掛けが結構ありました。 自分的にとにかく懐かしかったのが、こちらの Wheel of Fortune 。10 年前のときに、母親とともにかなりハマっていた記憶がありますが、昔と違ってかなりデジタル化は進んでいて、タッチパネルとか普通に搭載してました。 でもルールは昔と変わっておらず、至って単純。1~3 ラインに掛け金を張ってスロットを回す。ゾロ目が出ると当たりなわけですが、中でも Wheel of Fortune アイコンのゾロ目が出ると、台の上にあるホイールが回転して大当たりが出る、という仕組みです。

コメント