ファン

VIPサービスが簡単に受けられる!韓国のセブンラックカジノでVIP気分を味わおう!

ランキングセブンラックカジノ – 6624

韓国のカジノでは日本人は一番のお客様

ソウルを訪れたら、ショッピングやグルメはもちろん、やっぱりカジノにも惹かれます。ラグジュアリーな空間で、バカラ、ルーレットといったテーブルゲーム、そして気軽にトライできるスロットマシーンなど、お買い物の合間にちょっと楽しめたら、きっと旅も一層盛り上がるはず。 アジアでカジノといえばマカオが有名ですが、韓国もアジア上位の規模を誇り、老舗のパラダイスカジノ・ウォーカーヒルをはじめ、歴史もあります。客層の9割はアジア系が占め、日本人も多く利用しています。周辺には観光スポットやショッピングスポットも充実しているので、空き時間に立ち寄れるのも大きな魅力。今回は、ソウルでおすすめのカジノをご紹介します。 ソウル ツアー・旅行 韓国 ツアー・旅行。 仁川空港 ICN 周辺 - 高級ホテル。 東京からわずか2時間30分、福岡からなら1時間30分と、週末を利用して気軽に遊びにいける海外旅行先として人気の韓国。韓服を着て古宮を散策したり、インスタ映えすると評判のカフェで遊んだり、本場の韓国料理を堪能したりと、日本では体験できないお楽しみが盛りだくさんです。 そしてもう一つ、今はまだ日本国内では楽しむことができないもの… それが「カジノ」です。そこで今回は、年の誕生以来、そのラグジュアリーな空間でソウルの旅に新しい魅力を加えてくれた『パラダイスシティ PARADISE CITY 』の楽しみ方をご紹介します! 年齢制限 :入場は21歳以上 (21歳未満は家族連れでも入場不可) 持ち物 :パスポート(年齢・国籍チェックのため) ドレスコード :カジュアルな服装はNG (ビーチサンダル、ショートパンツ、タンクトップなど) 写真撮影禁止 :ビデオ・携帯電話での撮影も禁止。 最初に紹介するソウルのカジノは、「セブンラックカジノ」です。ラスベガスのような華麗さをイメージした人気のカジノです。 ミレニアムソウルヒルトンホテル直結という絶好のロケーションや開放的な雰囲気も魅力で、宿泊客を含め、常に多くの人でにぎわっています。明洞(ミョンドン)や南大門市場(ナンデムンシジャン)からのアクセスも良好なので、観光のついでにちょっと遊ぶのにもぴったりです。

このクリエイターの人気記事

韓国にはセブンラックとパラダイスという二つの系列のカジノがあります。それぞれ国内に数箇所カジノを運営しており、メンバーになればどこでも同様のサービスが受けられます。 今回ご紹介するのはそのうちの一つセブンラックカジノです。 こちらはソウル駅近くにあるミレニアムソウルヒルトン。 海外のカジノリゾートではよくあるホテル内にカジノが併設されているものですね。部屋からエレベーターを降りるとすぐにカジノの入口があり、道に迷うことなくカジノに直行できます(笑。 カジノへの入口です。近未来的な雰囲気が気分をいやおうにも盛り上げてくれます。 なお、韓国のカジノは外国人しか入れませんので、入口ではパスポートの提示が求められます。既にカジノのメンバーになっていた場合は、メンバーズカードを提示すれば大丈夫です。 カジノの中はいくつかの島に分かれており、バカラ、ブラックジャック、ルーレットなどが主なのはどこのカジノとも変わりません。 客は外国人のみですが、欧米人はあまりいなくて、日本人と中国人がほとんどです。中国人はどこにいってもいますが、韓国は地理的に近いのもありかなりの割合でいますね。 テーブルについたら、まず最初に取り出しましたる日本円の束。 これをテーブル上にポンと置きます。万とか一発で出すとVIPっぽくてかっこいいです。 するとゲームが一区切りついたところで、ディーラーが日本円をカジノチップに替えてくれます。そうなんです、韓国では円からウォンへの両替もテーブルでできてしまうんですね。 チップと端数のウォン硬貨と一緒にレシートが渡されるのでこれは大事にとっておきましょう。後ほど説明しますが、円に両替するときに必要となるので。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

クマ さん(男性)。 紅井流星 さん(男性)。 らららぽーと さん(非公開)。 カジノに伝統もクソもないのだが、ソウルに存在するカジノの中では古参だろう 多少塗。 ひらがなたかはし さん(男性)。

コメント