ファン

中国ビザ・大使館申請

アジア各国の選択所要時間出金 – 57600

▼ 【2020年版】おすすめ「中国送金サービス」3つを徹底比較!

世界の工場から世界の市場へと移り変わりつつある「中国」ーー。その市場規模は依然として急成長中であり、日本企業にとっても非常に魅力的でしょう。そのため、中国ビジネスを考えている企業も多いはず。 しかし、国家の力が大きく、規制や独自サービスが多い「中国」でのビジネスは、他の国への進出とは少し違う部分があります。それは、海外ビジネスにおいて必須となる「送金」でも同様のこと。中国の現地法人・銀行口座の有無によってもその手続きの煩雑さや費用、日数などが大きく変わってきます。 そこで、本記事ではおすすめの「中国送金サービス」について紹介するとともに、それぞれを比較します。是非、本記事を参考に御社に合った中国への送金サービスを見つけてください。 今回は、中国ビジネスに必須な「送金」の手段について解説いたしました。それぞれのメリット・デメリットをきっちり理解した上で、自社に合った手段を選択していくことが重要です。とはいえ、担当者が自分たちだけで判断していくのは、手間もかかりますし、難しいでしょう。 「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良な中国送金サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。 「自社にあった送金サービスは何か」「中国企業に定期的に送金していくので総合的にサポートしてほしい」「そもそもどうすればいいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。 ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。 Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・ 視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・ 海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。 各国の最新情報 海外ビジネスノウハウ 海外ビジネスコラム 海外進出事例 海外進出企業 インタビュー 海外進出白書 (年版) 海外ビジネスニュース。 サポート企業一覧 サポートジャンル 海外ビジネスEXPO。

インドネシアへ出張される方向け 関連情報

外国企業 誘致。 なお、輸出入品に適用される電子通関申告に用いる書式や申告方法、管轄税関事務所で行う電子通関申告手続きの登録フォームは、 税関総局のウェブサイト を参照のこと。

中国へ出張される方向け 関連情報

インドネシア共和国大使館は年4月1日よりビザ申請の受付を停止しました。再開時期は未定です。 渡航目的が会議・セミナーに参加及び視察旅行、個人旅行、インターシップまたは一時的な任務、トランジットが対象 外交使節団及び領事機関の構成員または国際機関等への職員として就任する場合やマルチプルビザの申請にはインドネシア本国外務省の許可が必要になります。本国外務省の許可が必要な場合の取得日数は未定。領事部で旅券のコピーをとり旅券原本は即時返却され、許可が下り次第、申請者に連絡があります。 よくあるご質問はこちら。 お問い合わせの前にご確認ください。 ビザ アジア ・ インド(東京) ・ インド(大阪) ・ インドネシア(大使館) ・ インドネシア(大阪) ・ 韓国 ・ カンボジア ・ シンガポール(東京) ・ スリランカ ・ タイ(大使館) ・ タイ(名古屋) ・ タイ(大阪) ・ 台湾 ・ 中国(大使館) ・ 中国(名古屋) ・ 中国(大阪) ・ 中国(外国籍) ・ ネパール ・ パキスタン ・ バングラデシュ ・ フィリピン ・ ブルネイ ・ ベトナム ・ 香港 ・ マレーシア ・ ミャンマー ・ モンゴル ・ ラオス。

コメント