ファン

世界の大手カジノ企業を11社ピックアップ!どんな事業?CEOは誰?

リゾート参入方針ラスベガスガイドカジノ – 48376

日本での枠組みでは目標達成は困難、今後はシンガポールやマカオに注力

IRに関する有識者で構成される特定複合観光施設区域整備推進会議(通称、「IR推進会議」)は、平成29 年7月31 日に内閣総理大臣に対して議論内容を「特定複合観光施設区域整備推進会議取りまとめ~「観光先進国」の実現に向けて~」(以下、「IR推進会議取りまとめ」)として会議の報告書を提出しました。IR推進会議取りまとめは、IR設置に必要となる法制上の措置(いわゆる「IR実施法案」)の骨格となる内容です。本稿ではIR推進会議取りまとめの概要を解説します。 日本において想定される統合型リゾート(IR:Integrated Resort)ビジネスの理解を深めていただくため、年11月に国際観光産業振興議員連盟(IR議連)が公開した「特定複合観光施設区域整備法案(仮称)~IR実施法案~に関する基本的な考え方(案)」、及び12月に提出された「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」の概要を説明します。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

その後、4月10日、New York Postが、近くCaesars Entertainment Corp(CEC)が取締役会の承認を得て、他社への会社売却プロセスを開始すると報じた。各メディアは、潜在的な買い手候補として、Tilman Fertitta氏(Golden Nugget casino5施設を所有)、Eldorado Resorts(12州に26施設を所有)などを挙げた。 Anthony Rodio氏は、現在、アフィニティ・ゲーミング(Affinity Gaming, 米国ネバダ州ラスベガス。ラスベガスを中心に全米で11施設を運営)のCEOのポジションにあり、ゲーミング業界で40年の経歴を有する。 CEOC再生計画は、Caesars Entertainment Corp(CEC)が中心となり策定。 ポイントは、 1)CEOC債権者は、債務億ドルのうち、億ドル相当を減免 2)CEOCはプロパティを新設REITに移転。CEOC債権者が、新設REITを所有 3)CECは、Caesars Acquisition Companyと合併 4)CECは、CEOC株式のマジョリティを維持 5)CEOC債権者は、新生CECの主要株主となる。 com 日本における依存症対策研究に着手 日本IR参画活動を本格化 IR企業動向:PR合戦@大阪 メルコ=万博パートナー、MGM=道頓堀フェス協賛~外資間競争 IR企業動向:Crown Resorts James Packer氏 「日本IR獲得は現実的ではない。豪に集中」 IR企業動向:Genting Singapore東京支店 円債億円発行 日本活動費 ~ 海外業者の競争熾烈 IR企業動向:海外事業者3社 PR合戦@大阪イベント 大都市唯一の誘致区に殺到 その背景 IR企業動向:サンズ社など海外事業者 PR合戦@大阪 大都市唯一の誘致区に殺到 その背景 IR企業動向:Las Vegas Sands 「日本のエンターテイメントの可能性」~IR実現&自社PR IR企業動向:Genting Singapore 東京オフィス開設。IR参画狙う ~ 海外事業者間の競争熾烈 IR企業動向:MGMリゾーツ CEO「コンソーシアムは日本企業主導」~カジノIRジャパン見解 IR企業動向:ラスベガス・サンズCEO 大阪府市で政府方針を批判~カジノIRジャパン見解 IR企業動向:サンシティー・グループ(マカオ)「日本IRへの参画狙う。事業主体に割出資」 IR企業動向:。

Caesars Entertainment Corp 日本における活動

ラッシュ・ストリート は、億万長者として知られる不動産開発者 ニール・ブルーム と金融業界で著名な グレッグ・カーリン の共同経営によって設立された。立ち上げは半ば。 米ラスベガスに本社を置く MGMリゾーツ・インターナショナル は、ベラージオ、MGMコタイ、マンダレイ・ベイなど、世界に27以上のカジノホテルをもつカジノリゾート運営会社。

コメント