ファン

乱数を使ったプログラム

確率事象招待コード – 39987

戦略2.具体的な疑問を解決していこう

今回は、確率の問題を苦手とする受験生を対象に、 何を勉強すれば良いのか 、 問題を解くときに意識すべき点は何か 、ということを説明していく。 確率の問題を 苦手 とする受験生は多い。 キーとなるのは「 少なくとも 1回」という語である。 「少なくとも1回裏が出る」の否定は「1回も裏が出ない」となるが、この確率なら私たちは容易に計算できることに気づく。 すなわち、どの試行でも表が出れば良いので と簡単に計算することができる。

繧医¥荳€邱偵↓雉シ蜈・縺輔l縺ヲ縺・k蝠・刀

choice という関数を使えば簡単に実装できる。 例えば、「グー」「チョキ」「パー」をそれぞれ G 、 C 、 P で表現しよう。この三要素を持つリストは ['G','C','P'] で表現できる。そして、。 とすると、実行するたびに G 、 C 、 P のどれかがランダムに選ばれる。先ほどの random。

雉シ蜈・繧ェ繝励す繝ァ繝ウ

このセクションではここまでの4つとは少し雰囲気の違う期待値という分野を学んでいきます。宝くじを1枚買うと平均していくら当たるかなど、身近な疑問を解くことができるのが期待値の醍醐味です! 例によって定義から学んでいきましょう。 TOP 志望校別対策 早稲田大学 慶應義塾大学 主要国公立 GMARCH 関関同立 上智・理科大 大学受験の歩き方 科目別勉強法 英語勉強法 現代文勉強法 古文勉強法 漢文勉強法 世界史勉強法 日本史勉強法 地理勉強法 数学勉強法 物理勉強法 化学勉強法 生物勉強法 科目別参考書解説 英語の参考書使い方 現代文のおすすめ参考書 古文の参考書使い方 漢文の参考書使い方 世界史の参考書使い方 日本史の参考書使い方 地理の参考書使い方 数学の参考書使い方 物理の参考書使い方 化学の参考書使い方 生物の参考書使い方 無料勉強計画作成会 STRUXマガジンについて サイト監修者について 運営者について お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー サイトポリシー。 なるほど、確率が苦手という人に多い症状だな。だが確率という分野は どこがわからないかを理解すれば楽に得意にできる分野でもある。 つまずきポイントはここだ! 戦略2。 具体的な疑問を解決していこう 戦略3。

コメント