ファン

【2020年最新】オンラインカジノは違法なのか、合法なのか、真相に迫る。

適法性スウェーデンカジノ – 54134

【Lightning Joker】最大10000倍の配当が突然当たるミステリーウィン機能搭載。ジョーカースロット登場。

本記事では賭博罪における国内犯の解釈論を説明します。 というのは,賭博罪は『国内犯』だけが処罰対象とされているのです。 オンラインカジノでは『国内犯』に該当するかどうかが問題となります。 『国内犯』のルール自体については別に説明しています。 詳しくはこちら|国内犯|解釈論・基本|インターネッツ経由の賭博系・表現系犯罪 『国内犯』のルールの概要をここにまとめておきます。 ア 賭博の『結果』=国外 国外のオンラインカジノ(のサーバー)で生じている イ 賭博の『行為』=日本 インターネットに接続した日本国内のPC・スマホなどの端末から行われている ウ 結論 形式的には『偏在説』によると『国内犯』に該当する。 オンラインカジノ・リアルカジノへの参加ツアー(を企画した旅行会社)のいずれも『賭博罪成立』になってしまいます。 違和感を覚える状態です。 1回視点を引いて,常識的に考えてみます。

1 国内犯|犯罪行為地の解釈論|概要

難しい法律の話は後回しにして、まず結論だけ先にお伝えしますと、現在の段階では オンラインカジノは違法でも合法でもありません 。 まず初めに、ざっくりとポイントだけ押さえておきましょう。 さて、なぜオンラインカジノは違法でも合法でもないのかというと、ポイントでも触れたように、現在の日本に 「オンラインカジノ自体を明確に裁くための法律がないため」 です。 法の抜け穴 、いわゆる グレーゾーン などとも呼ばれるような状態となっています。 オンラインカジノ自体、海外企業が政府発行のライセンスを取得して運営している限りは合法的な存在です。 しかしそれを日本からプレイした場合にどうなるのか?というところが論点になってきます。

コメント