ファン

ラスベガスだけじゃない!おすすめの海外カジノ◎

ラスベガス編世界のカジノ – 46907

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

TOP COMMUNITY COLUMN WORLD GAME GAME RULE。 北米 アメリカ カナダ 中南米 チリ バハマ アジア 日本 マカオ 韓国 テニアン ベトナム フィリピン ヨーロッパ フランス イギリス オランダ スウェーデン イタリア モナコ オセアニア オーストラリア ニュージーランド アフリカ 南アフリカ ケニア。 All Rights Reserved。

カジノといえば、真っ先に思い浮かぶのはこの町

先週のこのコーナーでは 「ラスベガスは楽しい場所なのでぜひ来てください」 と書いたばかり。  今週は、その補足として、リピーター読者にとってはまったく新しい情報ではないが、今年もラスベガス全体の魅力を感じてもらう期待を込めて、当地に存在する世界各国の名所を写真で紹介してみたい。 ダウンタウン地区にあるカジノホテル「The D」の正面玄関前(電飾アーケード街側から見ると裏側に相当)に、ベルギーの本家本元のものよりも大きい小便小僧がある。ちなみにこのホテルのオーナーの両親はベルギーからアメリカへ渡った移民。 ルクソールホテルの本館そのものであるこの建造物は、エジプトのギザにあるクフ王のピラミッド(約メートル)とほぼ同じ高さのようにも見えるが、実際には約20%ほど低い。  同じ高さにしなかった理由は、すぐ東側に隣接するラスベガス国際空港の滑走路が近すぎることから高さ制限があったため、とされる説が広く知られているが、ほぼ同じ場所にあとから建設されたマンダレイベイホテルはクフ王のピラミッドよりも高い。  これに関しては、ルクソール(年開業)よりもあとから開業したマンダレイベイ(年開業)の建設開始時には、航空当局の高さ制限が甘くなったため、とされているが、ラスベガス大全としてはその説の真偽を確認していない。 HOME ラスベガスの週間天気予報 コンベンション予定 コンサート予定 ゴールデンナイツ試合日程 フォーラム。

ラスベガス大全とは?

日本でも近年、導入の声が上がっている「カジノ」。海外の映画などで見たことのある人も多いのではないでしょうか?カジノは、お金をチップと呼ばれるゲーム用の通貨に替えて、それを元手に賭け事をする大人の遊びです。 日本国内では現在賭博が禁止されているため、ゲームセンターのように後から現金に換金できないゲームのみが合法とされています。 諸外国ではカジノを合法化する例が増えてきています。 実は日本人でも、海外旅行でこのような国に渡航してしまえば現地の法律に従うことになりますから、海外カジノで賭け事をする分には問題ありません。 では、実際にプレイできるカジノのゲームにはどのようなものがあるのでしょうか? カジノの中でも最もシンプルで初心者向けと呼ばれるのが「スロットマシーン」です。 スロットマシーンは、いわば賭け事の自動販売機。機械に現金を入れたり、現金をチャージしたカードなどを読み込ませて作動させ、プレイします。 スロットマシーンの絵柄をそろえると当たりの判定となりますが、横1列のライン3本をそろえる以外にも、そろえ方を選べます。また、それぞれのそろえ方ごとに賭ける金額を設定することもできます。 途中、カードを交換することができ、自分の手札や見えない周囲のカードを想像しながら、チップを何枚かけるか決めていきます。 会話や表情などを読みながらどの程度賭けるか駆け引きする必要があるため、勝負ごとに強いかどうかだけでなく、現地で出会う外国の人々の表現や言語に親しいかどうかといった文化的な要素も勝敗に影響しそうです。 テンポ良く進んでいくことも多いため、ポーカーの仕組みに慣れておくことや、外国語、特に英語をマスターしておくことが重要ですね! では、世界のカジノについてご紹介していきましょう。最初はヨーロッパのカジノです。古くから栄えたイタリアの都市などには格式が高く、 タキシードなどの改まった服を着ていかなければならないようなドレスコード が存在します。 photo by Matt Brown 『Aspers Casino』。

ラスベガスのカジノ情報

シーザース パレス ホテル。 ベネチアン リゾートカジノ。 フォー クィーンズ カジノ。 サーカス サーカス ホテル。 ゴールデン ゲート カジノ。 ウィン ラス ベガス ホテル。

コメント