ファン

ダイヤモンド・プリンセス : 客船

設定変更はどの豪華客船カジノ – 22479

“優雅なひと時”のはずが

オーシャニア客船でのクルーズ旅行は、発見と感動の連続です。 多彩でエキゾチックな目的地を訪れる、魅力の船旅。 中型の豪華客船で、ユニークな歴史都市から海辺の村や離島まで、世界各地の人気の高い港に寄港します。 オーシャニア・クルーズでは毎日新しい体験をしながら、充実した時間をお過ごしいただけます。 ミシュランの星付きレストランに引けを取らない至高のお料理を、リラックスした雰囲気の中でご堪能いただけます。 マスターシェフ、ジャック・ペパン氏の監修により考案されたこれらのメニューは、他社との一線を画するオーシャニア・クルーズならではの特長です。 オーシャニア・クルーズでの航海の最大の特徴は、品質へのこだわりから生まれる、素晴らしい価値にあると言えます。 客室の無料アメニティはブルガリをご用意。ルームサービスは24時間無料です。 ユニークさと特別感にあふれるデザインのオーシャニア・リビエラ。きらびやかな大階段から客室の家具まで、船内の随所にデザイナーのインテリアをあしらい、上質なレジデンス風の内装です。 リビエラは、この上ないグルメなお客様や船旅慣れしたお客様にもご満足いただけるよう、お食事にもこだわっています。複数のダイニング施設のうち、6軒はチャージのかからない自由席のグルメレストラン。また、リビエラは洋上で唯一の実践型クッキングスクールも備えています。マスターシェフによるさまざまなクッキングクラスで料理の幅を広げてみませんか?

オーシャニアクルーズの魅力

現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 プール4か所にカジノ、バンドの生演奏が響き渡るバーにダンスショー……。  豪華客船ダイヤモンド・プリンセスが横浜港を出港したのは、1月20日のことです。その後、香港やベトナム、台湾、沖縄をめぐり、2月4日に横浜へ帰港するスケジュールでした。 ところが2月1日になって、先に香港で下船した乗客が新型コロナウイルスに感染していたことが判明します。船は3日に横浜港へ到着しましたが、日本政府は乗員乗客を船内にとどめ、ウイルスの感染状況を調べる検疫を実施しました。その結果、5日に10人が感染していることが分かりました。10人は国内の医療機関に搬送され入院。政府は、症状の出ていない乗客乗員を14日間船内に待機させることを決めました。  しかし、その間に感染者数はうなぎ上りに増え、その数は人を上回りました。 ダイヤモンド・プリンセスの騒動を受け、クルーズ旅行などを運営する「郵船クルーズ」(横浜市)は「お客様の安心安全を最優先に検討した結果」として、クルーズ船「飛鳥II」が4月に出発を予定していた「世界一周クルーズ」の中止を発表するなど、余波が出ています。  今回の場合のような船舶内の感染症対応はどこ(誰)が責任を持つのでしょうか。寄港していた国? 船の所有会社? 船籍のある国(旗国)?  実は、国際的なルールはまだ定まっていないようです。茂木敏充外相も2月21日の記者会見で、「(どこが)一義的な責任を負うというルールが確立されているわけではありません」と述べました。  なぜでしょうか。  海洋関係の法的問題が研究テーマの東京海洋大学学術研究院海事システム工学部門の逸見真(へんみしん)教授は、「今回のような人以上が乗るクルーズ船で感染症の問題が起こるのは、稀(まれ)なケースです」と話し、大型客船の集団感染事案がこれまでなかったため、ルールも明確にないのだと説明します。 国際的ルールは?  ダイヤモンド・プリンセスの騒動を受け、クルーズ旅行などを運営する「郵船クルーズ」(横浜市)は「お客様の安心安全を最優先に検討した結果」として、クルーズ船「飛鳥II」が4月に出発を予定していた「世界一周クルーズ」の中止を発表するなど、余波が出ています。  今回の場合のような船舶内の感染症対応はどこ(誰)が責任を持つのでしょうか。寄港していた国? 船の所有会社? 船籍のある国(旗国)?  実は、国際的なルールはまだ定まっていないようです。茂木敏充外相も2月21日の記者会見で、「(どこが)一義的な責任を負うというルールが確立されているわけではありません」と述べました。  なぜでしょうか。  海洋関係の法的問題が研究テーマの東京海洋大学学術研究院海事システム工学部門の逸見真(へんみしん)教授は、「今回のような人以上が乗るクルーズ船で感染症の問題が起こるのは、稀(まれ)なケースです」と話し、大型客船の集団感染事案がこれまでなかったため、ルールも明確にないのだと説明します。

(6)【豪華客船】1泊21万円の飛鳥Ⅱ スイートに乗ってきました 【'18冬の東北その6】桜木町駅~大さん橋 12/24-01


まるで動くホテル! 船内施設の魅力

全室にセーフティーボックスが備え付けられております。 船内での貴重品の管理については、お客様ご自身の責任のもと客室内に備え付けられているセーフティーボックスをご利用ください。万が一紛失された場合でも、船会社及び弊社では責任を負いかねます。ご使用中にセーフティーボックスが開かなくなった場合は、客室係にお知らせください。お客様立会いのもと、担当マネージャーが対応いたします。 パブリックエリアの指定された場所で喫煙ができます。ただし客室とバルコニー、ショーラウンジ、劇場、ダイニングルーム等のパブリックエリアは全面禁煙となっておりますのでご了承ください。各船とも、シガーバーとナイトクラブなどには喫煙できるスペースがございます。 煙草の吸殻やマッチをバルコニーやデッキから海に投げ捨てた場合、風により船側の開口部に押し戻され火災の原因となりますので絶対にお止めください(禁煙規則に違反すると罰金として違反1回につきUSドルを船内会計に加算いたします)。喫煙は灰皿のある場所でお願いいたします。

コメント