ファン

パチンコの大当たり確率300分の1は300回に1回当たるわけではない:ギャンブル確率のイメージと実際

確率はどれくらい全ゲーム – 26952

繧ュ繝」繝ウ繝壹・繝ウ縺翫h縺ウ霑ス蜉諠・ア

数年前、開発中のシステムのテストを行った際、ランダムなデータが必要になりました。 PHPのランダム関数 rand を使ってテストデータを生成した結果、生成されたデータにパターンが生じてしまい困ったことがあります。 例えば、皆さんは音楽プレーヤーで音楽を聞いています。 ランダム再生ボタンを押したのに、なぜか順序があり、同じパターンで再生されるように感じられたことありませんか? この曲の次はあの曲…と、耳慣れていることがないでしょうか。 今年2月、とある宝くじでのトラブルが話題になりました。 ランダム番号生成システムで、10^32確率の、全く同じ番号が出てしまった不思議な事件です。 なぜこんなことがおきてしまったのでしょうか。 しかし deterministic machine(決定論的な機械) であるコンピューターは、基本的に無作為を作ることができません。 computerは入力値をcomputing(計算)して結果を出力しますが、計算された数字をランダム(無作為)と呼ぶのは違和感がありますよね。

確率はどれくらい全ゲーム – 55303

ガチャのご利用は計画的に

アイテム課金 (アイテムかきん)とは、 コンピュータゲーム 内で利用できる アイテム (追加コンテンツ)を 課金 して ユーザー に 販売 するビジネスモデル。 日本オンラインゲーム協会 (JOGA)のガイドライン [1] によると、 年 現在、ゲームの課金方式は「パッケージ販売」・「月額課金」・「アイテム課金」・「従量課金」(プレイするたびに課金する方式)・「その他の課金」(複数の課金方法を組み合わせたものなど)の5種類あるとされており、そのうちの「アイテム課金」について本稿で扱う。以下、用語などはJOGAのガイドラインになるべく従うものとする。 アプリケーション内で小出しで課金することによって サービス が拡充するという マイクロトランザクション と呼ばれるシステムの一種である。アイテム課金型ビジネスモデルを採用したゲームの多くは、プレイするにあたっての基本料金が無料である 「基本無料」 と呼ばれる形態のビジネスモデルを採用しているが、アイテム課金にその他の課金方法を組みあわせた「ハイブリッド課金」と呼ばれる形態のゲームも存在する。日本では一部でも無料で遊べる要素がある場合「基本無料」などと銘打っており、 「一部有料のコンテンツがある」 旨を、活字の小さい「 打ち消し表示 」の注意書きで書くことがある。 主に オンラインゲーム や ソーシャルゲーム (スマートフォン用アプリ、 ブラウザゲーム など)で導入されているが、近年では コンシューマーゲーム でも「ダウンロード専売・基本無料」として導入されるゲームが登場している。

コメント