ファン

プロが教えるポーカーの極意

アマチュアからプロへイギリスのカジノ – 5852

ラスベガス大全とは?

ヨーロッパ最大のポーカー専用ルームがあり、PokerStars UKやIreland Poker Tourなどの 国際的なポーカーツアーが開催される場所 です。 会員登録は無料 なので、ノッティンガムを訪れた際はぜひ一度、ダスクティルドーンのポーカールームを覗いてみてはいかがでしょうか。 Dusk Till Dawnはポーカー専用のカジノという印象がありますが、 一般的なテーブルゲームや最新のスロット、電子ゲームを備えたフロアもあり 、近代的なカジノの1つとしても楽しむことができます。 出典: facebook。 会員申し込み、会費は無料 でオンラインからも完了できます。

東日本大震災で大きな被害を受けた仙台市宮城野区南蒲生地区に、ボクシングジムがオープンした。元プロボクサーの阿部忠彦さん(46)が

GIGAZINE シークレットクラブって何? by Erin Khoo ヨーロッパでは以前からスポーツ賭博が盛んでしたが、その市場は既に飽和状態。そこに突然アメリカという巨大新興市場が登場したため、アメリカ国外からギャンブル企業がこぞって進出。例外として以前からスポーツ賭博を合法化していたニュージャージー州をはじめとして、ヨーロッパ式のスポーツ賭博が一気に広まりました。アメリカに進出するギャンブル企業の中でも特に積極的な展開を見せるのが、イギリス最大のブックメーカーであり、ロンドン証券取引所にも上場する ウィリアムヒル です。ウィリアムヒルはアメリカの大手カジノである「エルドラド」と提携し、ニュージャージー州やアイオワ州など、13の州でスポーツ賭博サービスをほぼ独占的に提供。アメリカのスポーツ賭博市場において、イギリスのブックメーカーが大きな影響力を持つようになりました。 ヨーロッパ式のスポーツ賭博は、スポーツの結果だけではなく政治や芸能ニュースでもブックメーカーがオッズ 賭けの倍率 を決めてお金を賭けることができるというもの。オッズはブックメーカーが設定できるのですが、一度にかけられる金額に制限をかけられることも多いそうです。ヨーロッパのギャンブル企業が影響力を持つことによって、アメリカにおけるスポーツ賭博シーンも大きく変化しつつあるとのこと。 「Spanky」という名前でスポーツ賭博を中心に活動するプロギャンブラーのGadoon Kyrollos氏は、大学でコンピューターサイエンスの学位を取得し、卒業後はドイツ銀行に就職。真面目に働いていたKyrollos氏でしたが、趣味でギャンブルの理論書を読みあさっていました。Kyrollos氏はスポーツ賭博の中で期待値を計算するプログラミングを自ら組み、わずかドル 当時のレートで約25万円 を元手に賭けを開始。インターネット口座を使わずにブックメーカーと直接賭け金のやりとりを行い、2年間で約4万ドル 約万円 をゲットしたとのこと。 by Mikerussell それ以降、プロギャンブラーSpankyとして活動を始めたKyrollos氏でしたが、今はスポーツ賭博を行おうとしても、大金を賭けることができないとのこと。大金を賭けて高い勝率を誇るプロギャンブラーはカジノからも煙たがられる存在となりつつあり、年11月、Kyrollos氏はいつものようにカジノでお金を賭けようとして拒否される様子をムービーで公開し、抗議しました。 ギャンブルで生計を立てるプロギャンブラーは「確実に勝てるところに大金を注ぎ込む」というスタイルでギャンブルを行います。しかし、一度にかけられる金額に制限をかけられてしまうと、とても生計を立てられるほどの稼ぎをあげることができないとのこと。また、近年、スポーツ賭博を行うプロギャンブラーがカジノから出入り禁止を受ける例が多く報告されていて、Kyrollos氏のようなプロギャンブラーはもはやアメリカでは思うようにギャンブルができない状況にあるそうです。 「スポーツ賭博のブックメーカーはもはや真剣なギャンブルを受け入れていない」という批判がギャンブルファンから巻き起こりました。これに対して、ウィリアムヒルは「私たちが稼ぐために一部のギャンブラーを禁止しているのは間違いです」と否定していますが、一方でウィリアムヒルのアメリカ支社でマーケティング部チーフを務めるシャロン・オッターマン氏は「私たちはビジネスをやっています。非営利団体ではありません」とコメントしています。 You can read the machine translated English article here。 GIGAZINE シークレットクラブ ログイン。

オリンピックも賭けの対象に、ただし選択肢は少なめ

まもなくリオデジャネイロ・オリンピック。競技施設などの建設の遅れや運営資金難、さらにはジカ熱問題など不安は少なくないが、開催されることはほぼ間違いないだろう。  日本選手の活躍などが今から楽しみな今回のリオ五輪、実はここラスベガスもこの大会と無縁ではない。なぜなら、 オリンピックを賭けの対象とすること が合法化されたからだ。 ご存じのようにラスベガスのカジノでは、スポーツ競技の勝敗などに対してお金を賭けることができ、実際に大半のカジノ・ホテルにはそのための窓口 「スポーツブック」 が存在している。(このページに掲載されてる写真は各カジノ・ホテルのスポーツブック) 野球、バスケットボール、アメリカンフットボール、ボクシングなどは言うに及ばず、ゴルフ、サッカー、テニス、カーレースなど、ありとあらゆるスポーツが賭けの対象となっている。 ところがこれまで長らくオリンピックは対象外だった。理由は、一般的なプロスポーツとは異なり、無名の選手が多く出場するため過去のデータが少なく、胴元側としてオッズを決めにくいということもさることながら、オリンピックに限らず、 アマチュアのスポーツ、とりわけ個人競技は賭けの対象にすべきではない 、という暗黙の了解があったからだ。  その背景にあるのは 八百長 に対する懸念であることは言うまでもない。アマチュアの場合、特にマイナーな競技種目であればあるほど、実力があっても安定した収入が確約されているわけではなく、日々の生活に困っている者も少なくないとされる。 ではこれまでラスベガスのスポーツブックではアマチュアの試合は完全に対象外だったかというと、そうでもない。  その典型は NCAA(全米大学体育協会)の 大学バスケットボール だ。これは日本の高校野球のように全米で盛り上がるビッグイベントで、カジノにとっても大金が動くドル箱のスポーツ競技といわれている。  ただこれは団体競技なので八百長をやりにくいという背景があり、「とりあえず健全性が保たれている」との前提で賭けが認められている。

コメント