ファン

証券税制早わかり 証券投資信託の税金

はじめて控除率 – 47840

「住宅ローン控除(減税)」の基本と計算方法

STORY1 人生にかかるお金。 STORY2 わかれば怖くない。

初めてでもわかりやすい用語集

確定拠出年金は、企業型(企業型DC)も個人型(iDeCo(イデコ))も、老後の資産形成ができるだけでなく、税制優遇の手厚い魅力的な制度です。 これから確定拠出年金をはじめたいと考えている人なら、加入するとどのくらい税制優遇があるのか興味があるのではないでしょうか。そこで今回は、どのくらい税制優遇があるかをシミュレーションしてみました。 確定拠出年金の税制優遇について紹介します。ここでは便宜上、個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ))に加入した場合を想定します。 iDeCo(イデコ)に加入すると、3つの税制メリットがあります。 iDeCo(イデコ)に加入すると、どれくらい所得税や住民税の負担が軽減されるのかを見る前に、わが国の税制(国の税金の仕組み)を理解しておきましょう。 日本の所得税は、累進課税制度を採用しています。累進課税とは、所得が多い人ほど税金が重くなる仕組みで、所得税の税率は、一部例外を除くと、5%から45%の7段階に区分されています。 iDeCo(イデコ)の掛金は、勤務先に確定給付企業年金がある人や公務員は年間14万4,円まで、企業年金のない会社員は年間27万6,円まで、そして自営業者は年間81万6,円まで(国民年金基金との合算)が上限です。 表からも明らかなように、課税所得が多い人ほど、iDeCo(イデコ)の所得控除のメリットを享受できることが分かります。

コメント