ファン

「世界一ギャンブル依存症が多い」この国でカジノが失敗する理由

独占ゲーム国民カジノ – 15146

IR*ゲーミング学会

渡航注意情報など 航空 セール・特別運賃 鉄道 バス ホテル 旅行会社 コラム・レポート リリース ニュース。 シンガポール政府、統合型リゾート2施設の独占保証延長 セントーサには「スーパー・ニンテンドー・ワールド」建設 年4月8日 月曜日 PM 編集部 シンガポール政府は、国内の2つの統合型リゾート(IR)の拡張と、独占保証の延長を認めた。 シンガポール国内には、ラスベガス・サンズが運営するマリーナベイ・サンズと、マレーシアのゲンティンが運営するリゾート・ワールド・セントーサの2つのカジノが存在している。独占保証は年までで、延長にあたっては追加投資を前提としていた。 マリーナベイ・サンズは、新たなホテルと15,席を完備した最先端のアリーナ、全室がスイートの約1,室の客室、屋上にスカイルーフのプールと有名レストランを備えたホテルタワー、MICE施設を建設する。リゾート・ワールド・セントーサには、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール内に世界4箇所目となるスーパー・ニンテンドー・ワールドを新設する。両施設ともに、45億シンガポールドルを投資する。 これに伴い、カジノ施設の拡大を認める。これまでは広さの上限を15,平方メートルとしていたものの、マリーナベイ・サンズは2,平方メートル、リゾート・ワールド・セントーサには平方メートルを追加できるようにする。テーブルゲームやマシーンの設置台数も増加させる。 また、シンガポール国民と永住権保有者に対し、4月4日から、入場料をシンガポールドルからシンガポールドルへ、年間パスは2,シンガポールドルから3,シンガポールドルへと引き上げた。 シンガポール政府は、年にカジノを合法化し、年にマリーナベイ・サンズとリゾート・ワールド・セントーサをオープンした。シンガポールでは直接雇用35,人、経済効果は15億シンガポールドルで、国内総生産(GDP)を6%引き上げた。両施設には、VIP顧客には5%、一般客には15%のカジノ税を課しており、年3月からVIP客は8%から12%、一般客は18%から22%に引き上げる意向。 マリーナベイ・サンズはビジネス客をターゲットとしており、敷地面積は約20。 シンガポール マリーナベイ・サンズ リゾート・ワールド・セントーサ。

日本カジノはパチンコ・パチスロに勝てない

この混沌とした状況を見て、年10月にプーチン大統領が介入し、実質的にカジノ賭博を禁止する内容の法案を議会に提示、年12月30日に議会で可決された。法律の内容は、都市部における全てのカジノ施設とスロット・パーラーの全面的閉鎖であり、既存施設の段階的閉鎖を命じる内容になる。一方、全てのカジノを禁止したわけではなく、ロシア国内では、観光地とはほど遠い過疎地ともいえる4つの地域にのみ、特別区を設け、この4つの地区におけるカジノ施行を認め、カジノ運営のライセンスを付与するとした。同様に、インターネット賭博も禁止されたが、国が運営するロッテリーとブック・メーカーは禁止の対象とはなっていない。4つの地域とはいずれも、過疎地に近く、一つはRusskiy島のPrimorsky Krai(極東ウラジオストック市から52Km)、二つ目は中国国境に近いシベリアのAltai Territory、三つ目はRostov に近いKrasnodar。四つ目は、 リトアニア、ポーランドに挟まれたKaliningradとなる。ロシア国内に無数に存在した全ての小さなカジノやスロット・パーラーは全て年7月1日までに閉鎖、一方、投資規模が万㌦以上、施設規模が平方フィート以上の大きな既存のカジノは年7月末までに閉鎖することとされ、この措置は厳格に実施された。 欧州大陸においては、現在に至るまで、米国的な巨大投資を伴う統合型リゾートを作ろうという動きは、英国やスロベニア等にも過去存在したが、いずれも様々な制約要因を克服できず、実現できていない。小規模、多数を前提として長年に亘り成熟市場を形成してきた欧州市場においては、市民社会におけるカジノ施設の位置づけは米国とは大きく異なる。この欧州諸国において、米国的なマス市場を狙うカジノを核とするIR 統合型リゾート やMICEが実現できるか否かは、未だ定かとはいえない。

日本にカジノを作る意義があるとしたら、一つだけ

オンライン賭博に関しては、各国が各々個別の制度を設けて、公益を保持するために一定の規制をしてきたのが現実になるが、国境を超える概念であるインターネットを利用する賭博行為に関しては、個別の国のみの規制では、様々な社会的事象や技術的な課題等を解決できないことも明らかになりつつある。この現実に鑑み、欧州委員会は、新たなEU法としての規制を導入するのではなく、各国における制度的状況とベスト・プラクテイスを今後更に精査し、加盟国と協議の場を設け、お互いの対話と調整を加速化することを実践すること、加盟国が独自の制度を保持しつつも、その行動においては包括的、かつ類似的な政策を取り、弱者保護や不正・いかさま等を防止し、抑止するための共通的な原則を加盟国が共有することをその目的としている。 包括的な政策行動指針、共通原則等を打ち立てることにより、法規制ではないが、実務的に一定の同じ包括的な施策が取られることになる。これにより、整合性のある政策的イニシアチブを取ることができるとする妥協的な考えになるといえよう。 上記動きを踏まえて、欧州委員会は年3月に、「域内市場におけるオンライン賭博に関するグリーン・ペーパー」 Green Paper on on-line gambling in the Internal Market 並びに、事務局作成付帯書類を公表し、同年7月を期限とし、広く公開意見を募る手段をとった。まず、オンライン賭博を手掛かりに、域内の事情と事実を正確に把握、公表し、課題を抽出して、EU域内の規律は如何にあるべきかに関し、各国の為政者、関連する事業者・団体、市民の意見を募り、これをあるべき制度設計に生かすという試みになる。この結果はいまだ議論の過程にあるが年以降のEUの行動計画の中に反映される可能性が高い。

Ⅵ 欧州におけるゲーミング・カジノ制度

しかし、どうやら国際的にも、パチンコ機・パチスロ機は「ギャンブル用電子的ゲーム機械(EGM=Electric Gaming Machine)」だと見られているようだ。その前提に立つと、全世界のギャンブル機の約60%が日本に存在することになる。だから日本は「世界有数のギャンブル大国」で、「世界一ギャンブル依存症の多い国」なのだ。 高橋洋一「ニュースの深層」 長谷川幸洋「ニュースの深層」 伊藤博敏「ニュースの深層」 町田徹「ニュースの深層」 歳川隆雄「ニュースの深層」 田崎史郎「ニュースの深層」 山崎元「ニュースの深層」 井上久男「ニュースの深層」。 近藤大介「北京のランダム・ウォーカー」 川口マーン恵美「シュトゥットガルト通信」 安達誠司「講座:ビジネスに役立つ世界経済」 磯山友幸「経済ニュースの裏側」 真壁昭夫「通貨とファイナンスで読む世界経済」。

コメント