ファン

世界のカジノ一覧、国別にカジノホテルも徹底紹介

アジアイギリスのカジノ – 53433

マカオとシンガポールでカジノ三昧

カジノと聞くとまずラスベガス、 マカオ が世界的に有名ですが、ヨーロッパだとモナコをまず初めに思い浮かぶのではないでしょうか。 また、海外のカジノというと豪華で足を運びにくいという方もいるかと思います。 「 安カジどっとこむ 」では、日本語サポートも充実した安心で安全なオンラインカジノを紹介しています。 実際に海外でカジノに行く前に、手慣らし程度にオンラインで遊ふんでルールを把握するのも、旅行中のカジノをもっと楽しむ一つの手です。 さて、本題に入りますが、ヨーロッパのカジノといえばモナコでしょ!と思うかもしれませんが、案外そうでもないのです。 実は、海外留学や旅行で人気のイギリス・ロンドンは、カジノがヨーロッパの中でも発展している国なのです。

イギリス・ロンドンのカジノに行く前に

引用元: Aspers Westfield Stratford City。 アスパーズ は、年のロンドンオリンピックの際に作られたカジノです。大きなショッピングセンター(Westfield Stratford city)の3階にあります。 引用元: Empire Casino。 引用元: Horizons Casino。 引用元: Golden Nugget London。

イギリス・ロンドンのカジノの特徴

ヨーロッパでは格式の高いカジノがあり、ネクタイ着用など服装が定められている「ドレスコード」を規定しているカジノが多く存在します。また、会員制と採用し格式を重んじたスタイルで運営し、特に高所得者層からの利用で、その地位を守っています。 アメリカなどに代表される、ショーエンターテイメントやコンベンションなどを複合した「テーマカジノ」ではなく、カジノギャンブリングだけの運営スタイルがヨーロッパ型の主な特徴といえます。 イギリスには軒のカジノがあり、他の諸国のカジノの多くは大都市から30km以上離れた場所にあるのに対して、イギリスのカジノは街の中心地にあります。 全てクラブ組織となっており、18歳以上限定の会員制で、入会申請後24時間待たなければならないクラブや、現地申込後48時間を経過しないと入場できないクラブなど、その規定は厳格であります。

コメント